小児のコロナワクチン接種に関する提言(小児科学会より)

sponsor’s link

コロナワクチンの対象者が12歳以上に引き下げられ、いずれは中学生からワクチンを打てるようになります。これに関して、日本小児科学会から提言が出されています。

提言の要旨は以下;

・ 子どもを新型コロナウイルス感染から守るためには、周囲の成人の新型コロナワクチン接種が重要。
・ 重い基礎疾患のある子どもに対してはコロナワクチン接種によりコロナの重症化を防ぐことが期待される。
・ 健康な子どもへのワクチン接種には、メリットとデメリットを本人と養育者が十分理解し、接種前・中・後にきめ細やかな対応が必要。

まずひとつめですが、基本的には新型コロナウイルスは大人から子供に感染する事例が多く、子供間の水平感染はあまりないと言われています。ただしこれは変異株に関しては、鵜呑みにするには注意が必要ですが、それでも大人の飲食関連の感染が圧倒的に多い状態には変わりがありません。なので、まずは大人の接種率を上げ、子供のコミュニティに持ち込まないようにするのが前提です。

ふたつ目、神経疾患などで医療的ケアが必要な子供、そして慢性肺疾患でもともと呼吸器系が弱い子供、さらに、免疫系の異常でウイルスに対する免疫力が低下している子供、抗がん剤やそのほかの薬による免疫抑制状態にある子供などは、コロナも重症化する可能性が高くなります。こうした子供には、たとえ感染したとしても、その重症化を抑える目的で、積極的にワクチンを打つべきだと提言されています。

3つ目。もともと小児のコロナは重症化の割合がとても少ないので、ワクチン接種はその子どもさんのため、というより、集団免疫を獲得するため、という意義の方が大きいです。その際に、健康な子供にワクチンを打つということは、ものすごい議論になると思います。

子供は親の精神状態をよく反映しますが、親が疑心暗鬼のままワクチンを打つと、知らず知らずのうちに子供に影響がある場合もあります。ましてや、大人の事例を見ると従来のワクチンよりかなり高確率で何等かの症状が出る可能性が高いコロナワクチンなので、こういう副反応が出る可能性がある、でも数日で収まる可能性が高いから大丈夫、と言ってもらっているかいないかだけでも、子供の心に及ぼす負担は相当変わってくると思われます。何よりも、12歳以上であれば、親の方針も多少はありますが、なにより自分でその選択をするということも、様々な副反応を回避する数少ない対策のひとつだと思います。

自分は打ちたくもないのに、親に引っ張っていかれて、ワクチン打ったけどめっちゃ手が痛くてしばらく動かせなかった、そのあとに、

これでちょっと安心できるな、

と思えるか、

わけのわからん痛みだし怖いし打たなければよかった、

と思えるかは、親の声かけと心の持ちよう次第です。なので、間違っても、養育者と本人が納得しないまま、もやもやが残ったまま打つということは避けて欲しいです。

また、最近になってイスラエルや米国から、若年のワクチン接種後の心筋炎の症例報告があります。それも数はごく少数なのですが、そもそも子供の接種症例が少なすぎるため、今後の情報に敏感になっておくしかありません。私もまだ、自分の子たちに打つかどうかは、はっきりと決めていませんし、また新しい情報が入り次第、お伝えしようと思います。