地方都市感染症指定病院の現状⑨

sponsor’s link

2020年、コロナ禍となってからスッと1-2か月に1回のペースで、筆者が勤務する感染症指定病院の現状をお伝えするシリーズ。今回でなんと9回目となってしまいました。前回は1月中旬に報告して以来、しばらく期間があいたので、年度末の現状をお伝えしようと思います。

発熱外来の様子

当地域の緊急事態宣言は3月はじめで一旦解除され、その後は、外来にはコンスタントに発熱の方が訪れています。でも、保健所からの依頼もほとんどなく、1週間あたり50-60人の発熱者を検査していますが、ここ3,4週間以上、PCR検査での陽性者はいません。

近隣医療機関では、院内でPCRができる機械が導入されていくところが増え、病院クラスターが発生してもその病院の中で検査などが処理できるようになってきています。(うちのような弱小病院ではなかなか手が出ない、、、らしい)

緊急事態宣言がなくなっても、発熱外来は感染対策の面で無くせる状況ではないので、実質外来枠が増えている状況で、診察室の確保や待合の確保、なにより人員の面でしわ寄せが長期間に渡っています。

うちの病院のシステムでは、発熱がある以上は、基礎疾患からの発熱が疑わしくても、発熱外来で「コロナではないでしょう」というお墨付きをもらわないと、一般の他の外来にうつっていただけません。無症状コロナがいる以上は、外来で「コロナではない」と断定できる術もなく、外来の医師も責任を負わせられるのは嫌なので仕方ないとはいえ、検温も検査も、不毛に思えるときが多々あります。また、発熱外来の医師が仮に「これはコロナではないでしょう」といって一般外来に回しても、回された先の医師が「検査をしてからでないと受けられない(つまりは外来の医師の診断は信用できない)」と突っぱねることもあって、外来はギスギスすることがあります。たらい回しにされてしまう患者さんはたまったものではないと思います。

入院患者に対しては少し前からスクリーニングでPCR検査あるいは抗原検査を全例にしています。紛れ込みを防ぐためですが、陽性者はほぼいません。おかげさまでクラスター発生も(いまのところ)なく、まだ大事にはなっていません。

医療従事者へのワクチン接種開始

他の記事でも紹介している通り、職員に対するコロナワクチン接種も始まりました。これもまた人員が必要で、勤務調整をしつつ、副反応に細心の注意を払いながら、何か起これば救急対応して、、というのを、通常業務をしながらこなしていかなければいけません。接種後の観察時間も取らなければならず、観察時間中のソーシャルディスタンスもとらなきゃいけないので、インフルみたいにちゃっちゃと打つわけにはいきませんので、全職員500人余り打つのに、まる4日もかかりました。

500人ほど打って、気分不良が7人程度、アナフィラキシーはありませんでした。

5月くらいから、高齢者の優先接種を引き受けることになるかもしれないのですが、どうなるのかということも一切決まっておらず、前述の通り現状場所の確保もままならないため、直前になってバタバタするのが目に見えていて、憂鬱になります。

小児科外来の様子

小児科外来は、春の声が聞こえてからどういうわけか劇的に患者数が増えています。

高熱と咳のわりかしちっちゃな保育園くらいの患者さん、RSみたいな患者さん、胃腸炎と、わりかし多彩な病気が流行っている印象。あとは花粉症と喘息。春だなぁという感じです。春休みなので、頭痛や腹痛の子は小休止の期間で、アレルギー症状を主訴にした子が多い印象です。

小児のコロナもちょこちょこ検査はしていますが、陽性者はみていません。ついぞインフルエンザは1人も出ませんでした。

コロナ病床の様子

コロナ病棟は常に満床ではありませんが、地域に患者さんが出た場合にはすぐに対応できるようにスタンバっていて、稼働率も高いです。一時期ほど重症に近い中等症が回ってくることもなくなったので、大学病院などのICUもそれなりに空いてきたのだなぁという実感はあります。とか言ってたらすぐ逼迫するんだと思いますが。

3月は異動の季節。

例年なら歓送迎会があって、夫婦でスケジュールを取り合う時期なんですが、今年はもちろん軒並みなし。新天地に向かう人たちを送り出してやれないのは寂しい限りです。

諸々のコロナ対策をしながら、一般業務をこなしていくというハードワークにすら慣れてしまったと言えるこの異常な状況。そして、息抜きや同僚との触れ合いも著しく減ってしまっている現状。疲れ切っている職員がたくさんいますが、それでも毎日笑顔で診療に励んでいます。

小児科は患者さんが来てくれるとやはり色々触れ合えて楽しいです。

第4波が懸念されるこの頃なので、嵐の前の静けさかな、と感じております。おそらく1か月後くらいに書くことになるであろう第10弾はどんなことになってるかなぁ。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする