コロナワクチンの接種方法について(シリンジのはなし)

sponsor’s link

ファイザー社の新型コロナワクチンについて、バイアルに入った薬液を吸い上げるのが困難で、1本あたり6人分見込んでいたのが、実は5人分しかとれなかった、ということが判明したなど、一時混乱が起こりました。その後の動きも含めて、現時点での動きをまとめます。

1人分のワクチンが、多人数分のワクチンか

ワクチンは、接種しやすいように一人分を注射器に入れて針も付けてパックされているものと、大きめの瓶に何人分か入っていて、それを接種直前に注射器に吸って分配するものと2種類あります。前者は小児でいえば、肺炎球菌や四種混合ワクチンなど、後者はインフルエンザワクチンなどです。

コロナワクチンも後者で、インフルワクチンと同様に接種直前に瓶から吸う必要があります。小さい瓶を逆さにして蓋となっているゴム栓から針を刺して液を吸いますが、これがなかなか、ある程度慣れていないと、液をこぼしてしまったり、瓶の中のどうしても吸えない部分に液が残ってしまったり、注射器の中の空気を抜く際に液まで出てしまったりと、多少余裕がないと人数分を確実に確保するのは難しいです。

コロナワクチン接種の際の注射器

注射するときに、吸う手技以外に、どうしても液が残ってしまうのが、打ったときのシリンジ内。

写真の部分です。

ここは、これ以上ゴム栓を押すこともできないし、いわゆる死腔になっていて、どうあっても液体を注入できない構造になっています。

大事なお薬を入れるときに、いつもこの死腔の部分のお薬がもったいないなーって思っていましたが、注射器の針とくっつける部分はある程度の太さがないと不便だったり、圧がかかりすぎて吹っ飛んでしまうとか、いろいろあってのこの構造になっているものだと思われます。るのでしょうね。

死腔がない針も存在する

インスリンなんかは極少量の溶液を注射するので、この死腔がほとんどなくて針が最初からくっついているような注射器を使ったりします。

どんな針かというと、こんなやつ。

インスリンは皮下注射なので、針はとても細く、そして短いのが分かりますでしょうか。

シリンジもとっても細いのですが、なんと死腔がゼロです。針の長さは1cm程度で、シリンジと一体になっています。(取り外しができません)

本来コロナは筋肉注射のため、2.5cmは刺す必要があると言われていますが、日本人の体格であれば、皮下脂肪が薄い人ならこの針でもしっかり押しつければ十分に筋肉に届きます。針が細いので、筋膜を破る感触とかは恐らく分からないと思われますが、記者会見のあった病院では、1人1人エコーを使って筋肉まで届くかどうか確認して打っているとのことでした。

そこまで手間をかければ、同じ1瓶から7人分の液を確保することができる、ととある病院発で情報提供のための記者会見が行われました。

政府の見解

上記の記者会見を受けて、政府もすぐレスポンスを行いました。事実を確認したうえで、「そのような創意工夫はどんどんしていただきたい」と河野大臣も発表していましたが、国としてこの針を大量に確保することは行わないとのこと。

なぜかというと、インスリン針はあくまでインスリン用に作られているため、政府が買い占めてしまうと、本来使いたい人が使えなくなってしまう可能性があるとの配慮からです。

国としては確保しないが、在庫がある場合には個々の病院で判断が委ねられるということです。

ワクチンが無駄にならないための工夫が必要

実は注射手技だけでこの問題を解決することもできます。

というのも、注射器にわざと空気を吸いこみ、針を立てて注射を行えば、空気に押されて薬液は全量投与することが可能です。多少皮下に空気が入っても大事になることはないでしょう。ただし、注射する針の向きもちょっと難しくなりますし、どのようにするにしても課題は山積です。

大事なワクチンなので、扱う方も、準備するのに気を使いますね。温度面だけでなく、接種する人数調整もかなり難しいし(5の倍数、6の倍数にしないと無駄が出る)、当日になってキャンセルとかもあるだろうし、余りがないように当日に予定分を使いきるのはとても難しいと思います。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする