新型コロナウイルス感染症の後遺症について

sponsor’s link

たびたびニュースでも取り上げられている新型コロナウイルス感染症の後遺症について、現在分かっていることをまとめます。

イタリアからの報告

JAMAという有名な雑誌のプレプリントとして発表されたイタリアの論文で、新型コロナで入院した人の退院後の症状を調べたものがあります。それによれば、退院後2か月の時点で、およそ9割の人に何らかの後遺症があるということ。多くは「倦怠感」「疲労感」など不定愁訴といってもいいものですが、中には「呼吸困難」「味覚障害」が続いているというケースや、腎不全などという重篤なものまで、様々です。

論文の詳細ですが、全体の人数は143人、平均年齢は56.5歳(19歳-84歳)で男性が63%、うち7割が肺炎、1割強が集中治療を行った人が対象で、アンケート形式で行われた調査です。

それによれば平均発症後60日の時点で、半数の人が、倦怠感や呼吸困難が残り、関節痛、胸痛が2割程度。複数の症状があった人も半数以上いたもよう。そして、4割強の人が、生活の質が下がった、と回答しているという内容でした。

ドイツからの報告

ドイツからの報告で、新型コロナウイルス感染症で亡くなった39名の患者さんの剖検で、39名のうち24名で心筋細胞からPCR検査で新型コロナウイルスのRNAが検出されたというものがあります。ただし、心筋細胞に直接感染していたものではなく、おそらくは心筋に存在している免疫細胞に存在していたという考察で、このことが何を意味するのかまでは解明されていません。これは後遺症というより死因に結びつく研究かもしれません。

また、おなじくドイツからの報告で、100名の新型コロナウイルス患者において、病後2-3か月で心臓MRI検査を行ったところ、78名もの人が心臓の画像上異常所見があり、炎症が持続していることが示唆された、という研究があります。いずれもそれが臨床的にどのような意味を持つのかは不明ですが、慢性の心筋炎により心機能が下がっているならば、倦怠感や謎の息切れにつながる可能性は十分にあり得ると考えられます。

ただしこれらはあくまで外国からの報告であり、圧倒的に母数も少ない研究です。またコロナウイルス流行の初期の患者であることもあり、現在の状況とは異なる可能性もあります。

あくまで個人的な意見ですが・・・

もともと、コロナウイルスというのは、もう以前から何度も話題にしていますが、あくまで今までも風邪ウイルスとして地球上に普通に存在していたウイルスで、今回の新型コロナウイルスも、もともとあったコロナウイルスと大きくは違いません。ふつうのコロナウイルスは後遺症もなく治るのに、新型だけ重篤な後遺症が残るとは考えにくい、というのが私の個人的な考えであり、責任はもてません。自分自身が罹ってから、180度違う見解になるかもしれません。

ただし、今回流行した新型コロナウイルスは、今までのコロナウイルスと何が違うかというと、感染すると、周囲から差別の目で見られ、さらに病院やホテルに監禁され、初期の人はだいたいPCR陰性まで1か月、今でも2週間近くはろくに人と接することもままならず、接触する医療者も防護具越しであり、症状がある方はもちろん呼吸症状がしんどいですが、症状がなくても周りに感染させたかもしれない罪悪感や、周りに迷惑をかけているという思いで押しつぶされそうになってしまっています。

こんな状態が続けば、誰でも調子が悪くなりそうなものだ、と思ってしまいます。

そもそも、インフルエンザでも、罹ったあとしばらく顔色が戻らなくて体調がすぐれない、という「後遺症」がある子をたまに見かけます。頻度は分からないですが、大きい子に多いような印象で、全快するまで2週間はかかりますよ、と言っているくらいです。

さらに言えば、ひとくちにコロナ入院といっても、全身状態が悪くなり体外循環や呼吸管理を要した人から、ただ単に隔離のために入院した、という人まで様々で、超重症で人工心肺なんかを使った人は全身の血流障害から腎臓にダメージが来るのも納得できるので、場合によっては「腎不全」は相応の後遺症だな、と思います。単なる肺炎でも、レントゲンやCTで元通りになるのに一か月くらいかかるし、組織レベルで見たらもっとかかるのだろうから、「呼吸困難感」や胸膜炎による「胸痛」が少し続くのも納得できます。(マイコプラズマ肺炎だって数週間は咳が続くこともあります)「味覚障害」等は、一旦障害された神経はなかなか元に戻らない可能性もあるなと思うので後遺症としても妥当だろうな、ということも分かります。

ただ、こうしたこと以外に「倦怠感」だったり「胸の痛み」だったりは、コロナに罹った「心痛」から起こっている可能性も否定できないのかな、と思います。

日本でも呼吸器学会が主導して、後遺症についての研究が始められています。

本当の後遺症であろうが、心痛からくるものであろうが、患者さんを苦しめている症状であることには間違いはないので、はやく事実が解明されるといいなと思います。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする