次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム

sponsor’s link

消毒液について調べていて、自分でもよく分からなくなってしまったので、備忘録として書いておきます。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い

次亜塩素酸水は簡単に言えば、薄い食塩水を電気分解して生じる塩素ガスが、さらに水分子と反応して生じる水溶液を、濃度を低く調整した、酸性の液体です。一方、次亜塩素酸ナトリウムは、高濃度の食塩水を電気分解して生じるもので、アルカリ性の液体です。(隔壁の有無などは省略)

殺菌力を持つのは、前者では次亜塩素酸分子(HOCl)で、後者は次亜塩素酸イオン(OCl-)であり、分子としては次亜塩素酸分子のほうが約80倍高いと言われているため、次亜塩素酸分子がたくさん存在する次亜塩素酸水のほうが殺菌能力は高いと言われています。ところが、次亜塩素酸分子の濃度は低いため、使用時に不純物などが消毒したい部分に付着していると、その殺菌能力が簡単に失われてしまいます。(参考;厚生省HP)

次亜塩素酸水は主に流水使用での用途を想定されており、希釈せずに使います。次亜塩素酸ナトリウムはハイターなどで知られる塩素系の漂白剤の主成分で、適度な濃度に希釈してから使用され、主に「漬け置く」ことにより殺菌作用を期待します。

安全性に関しても大きく異なり、次亜塩素酸水は安全性が高く、皮膚や環境にも優しく、発がん物質の発生もありませんが、次亜塩素酸ナトリウムは使用を間違うと非常に危険なものでもあり、使用に注意が必要です。

また、両者に共通しているのは、紫外線に不安定という点です。そのために使用期限や保存方法などに制限があり、製品によって差はありますが、透明プラボトルでは保存期間が極めて短くなる可能性があるため、基本的には遮光された容器で流通しています。

市販のものは混同に注意!

上記のように、それぞれその製造方法・成分から、使用法も大きく違いますが、市販品によっては、混同するような記載があるものもあり、使用には注意が必要です。

次亜塩素酸水は安全性が高く、食品添加物として認可されていることからも分かるように殺菌作用を示したあと自然に分解されてしまうため、野菜を洗ったりするのにも適していると言われています。また、霧状にして部屋を噴霧するような機械も発売されています。

一方、次亜塩素酸ナトリウムは腐食性が高く、漂白作用もあり、また手に付けば強アルカリで溶けてしまうこともあります。目に入ったら一大事です。酸性洗剤との混合で毒性の強い塩素ガスが発生することもあまりに有名ですよね。次亜塩素酸ナトリウム自体はハイターやミルトンとして簡単に手に入ります。

次亜塩素酸ナトリウム溶液を「希釈」しても決して次亜塩素酸水は作れないので、注意が必要です。また、「中和」することで近いものを作りだすことは可能ですが、かなり微妙なpH調節を行う必要があり、個人では難しいです。厳密には最初に示した通り、「電気分解で作られるもの」と理解しておけばいいと思います。逆に、原材料に「次亜塩素酸ナトリウム」「pH調整剤」とある次亜塩素酸水は、正しい製法で作られたものでない可能性が高いため、注意してください。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする