家庭での感染対策の方法

sponsor’s link

インフルエンザやコロナウイルスの流行のニュースを聞くと、感染対策の方法が気になりますよね。今回は、子供にも実践してほしい感染対策の方法をご紹介します。

感染対策の基本は、手洗い・うがい!

何と言っても、感染対策の基本は、手洗いとうがいです。多くの感染症は「飛沫感染」で、多くはくしゃみや咳などで飛び散った飛沫の中に含まれるウイルスを、手などで触ってしまってそれが口や目などの粘膜に入ることで感染が成立します。飛沫が直接飛んでくることは少なく、自分で口に運んでしまうリスクが当然一番高くなります。人が多い場所で手すりなどを触った場合には、自分の手は汚染されている可能性が高くなるため、できればその都度、手洗いをすることが理想的です。

手洗いの手順

SARAYAのHPより引用

手洗いの基本は、十分な石鹸を使って、上記のようにしっかり全体を洗い流すことです。特に洗い残しが起こりやすい部分は、指の先と指の間、それから親指全体です。上のように手洗いをしっかりしようとすると、急いでも30秒以上はかかると思います。

その後、水分をしっかりふき取る必要がありますが、できればマイタオル・マイハンカチあるいは、ペーパータオルがおすすめです。公衆トイレにあるエアタオルは、洗い方が不完全な場合その風でウイルスをまき散らしてしまう可能性もありますし、前の方の手洗いが不完全であればウイルスが機械付近に残っている可能性が高いので、推奨できません。

正しいうがいの仕方

イソジンやアズノールなど、いわゆる消毒液の入ったうがい薬は、「消毒」という意味ではまったく感染防御になりません。もともと口の中には雑菌がたくさん住んでいるために、一時的な消毒はほとんど意味がありません。それどころか、場合によっては正常な粘膜を傷つけてしまうかもしれないので、過度の使用はおすすめできません。

正しいうがいの手順は以下です。

①まずは、先に手洗い。
②コップに水を注ぎ、まずは口に含んでくちゅくちゅうがいをする。
③その次に、喉の奥まで水を入れてガラガラうがいをする。

 ②と③はそれぞれ2-3回行うといいです。

というのも、先ほど書いたように、口の中には雑菌が繁殖しやすいため、はじめからガラガラうがいをしてしまうと、口の中の雑菌をのどの奥に運んでしまう危険があります。そのために、まずは口の中をうがいして洗い流し、さらに喉の奥をうがいすると良いようです。

また、小さい子供はなかなかガラガラうがいができませんが、その場合は水やお茶を飲んで、喉の粘膜を潤すだけでも効果があります。喉の粘膜は、常在菌のバリアが存在し、特定の菌を増やさないようにバランスを取っているだけでなく、IgAという免疫物質が含まれているため、濡れている状態を保つことでそのバリアの威力を発揮することができます。

「飲んでしまっていいの?!」と思われるかもしれませんが、ウイルスや細菌を含んだ水が胃の中に入れば、通常はpH2の強酸性の環境下で生存することは難しいです。

外出先などでなかなかうがいをすることが難しい場合も、マイボトルで常に喉を潤すことが重要ですね。

マスクは使用したほうがいい?

巷ではマスク不足が問題になっていますが、上記から分かるように、ただマスクをするだけでは感染対策にはなりません。そもそも、マスクをしっかり鼻まで上げていないと効果は半減しますし、マスクの表側を触った手を、眼や口元に持っていくと、感染のリスクが増加します。もちろん物理的な防御にはなるので、するに越したことはありませんが、それよりも重要なのはこまめな手洗い・うがいと、不用意に口元・目元に手を持っていかないということです。

逆にマスクを付けることで、症状がある人は飛沫感染させるというリスクはかなり減らせるので、その観点でいうと感染防御にはやはり重要です。

N95マスクって?

病院では、結核などの空気感染を予防するために、きわめて気密性の高いN95マスクというものを使用することがあります。空気感染するウイルスなどは直径5μm以下の大きさに飛沫核(エアロゾル)となって空気中を浮遊しますが、生地が非常に密になっているために、こうした小さな粒子の侵入も防ぐことができます。

現在問題になっているコロナウイルスは、通常飛沫核によるエアロゾル感染は起こさないと言われていますが、医療従事者が患者さんから検体を採るときなどは、吸引の機械を使ったりするためにエアロゾルが発生する可能性があり、このN95マスクを着用することが義務付けられています。今見てみると、すごい値段になっていますね。。(一般の方は必要ないです)

N95マスク YAMAMOTO7500 20枚
by カエレバ

ゴーグルも有効

結膜部分も粘膜なので、そこからウイルスの感染が成立することがあります。特に今回の新型コロナウイルスは、はじめに報告したのが眼科医であることからも想像がつきますが、結膜症状を伴う患者さんがある程度存在するようです。

一部の報告では、呼吸器症状に先立って結膜症状が出る場合があるとのことで、眼からの感染を防ぐためにはゴーグルが有効になります。飛沫を防ぐ程度ならメガネでもある程度効果はありますが、濃厚接触する可能性がある場合には、エアロゾルがメガネの隙間から侵入する可能性があり、ゴーグルのほうがより安全です。

花粉症ウィルス対策 保護 めがね(花粉メガネ) アイケアグラス EC-06 (ドライアイ)サングラス クリアスモーク
by カエレバ

加湿器も有効!

ウイルスは高温多湿を嫌います。インフルエンザウイルスやコロナウイルスの感染も、温かい春になれば、一旦は落ち着いてくる可能性もあります。インフルエンザウイルスなども、気温18℃から22℃、湿度50%~60%の環境を保つことができれば増殖が抑えられるので、おうちの中ではしっかり暖房をしつつ、乾燥しすぎないように加湿器を併用するのがよいでしょう。ただし、加湿器を使用する際には、カビの発生などには十分に注意しましょう(参考記事

感染防御に対して、あまり意識をしてこなかった人も、今回のことを機に、手洗い・うがいを日常の習慣として行えるようになるといいですね。

関連記事;
コロナウイルス肺炎について分かっていること
新型コロナウイルス最新の状況
新型コロナウイルスの戦略

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする