新型コロナウイルスの戦略

sponsor’s link

ウイルスは基本的に宿主の体内で増殖し、飛沫などに混じって他の個体にうつり、またそれを宿主として増殖していきます。ウイルスの目的は、「ただ増え続けること」です。ウイルスの観点から、集団とウイルスの相互関係について説明します。

ウイルスは生体を宿主として増殖する

ウイルスは、細菌よりもさらに小さい生体の単位で、大きさはおよそ数十nm(ナノメートル)から100nmほど(1nmは1mmの100万分の1)。独自のDNAやRNAを持っていますが、単体では増殖することができません。というのも、遺伝情報を持つ核酸(DNAやRNAのこと)と、それを覆う殻、そして足しか持っていません。核酸はひとつのウイルスに対してひとつ必要なので、ウイルスが増えるためには、核酸をたくさんコピーして増やすことが必要ですが、そのコピー設備を持ち合わせていないため、他の細胞に寄生して設備を使わせてもらうことで増殖していきます。

そのため、ウイルスは細胞にとりつくと、その殻の中から核酸だけが細胞内に入れるように細胞膜と融合し、設備を乗っ取ると、核酸は細胞の中で高速コピーされます。そして、その遺伝情報に基づいて殻も大量生産され、その中に核酸を納めてウイルスの形を形成してから、細胞外に大量に放出されます。つまり、ひとつの細胞から多量のウイルスがコピーされてしまうということになります。

DNAとRNA

核酸にはDNAとRNAとがあります。どう違うかというと、DNAのほうが核酸の鎖が2本相互に繋ぎ合わさるような形をしており、単独の鎖であるRNAよりも複雑なつくりをしています。DNAは互いの鎖が補い合う構造をとるため、遺伝子をコピーする際の読み取り間違いも少ないようになっていますが、RNAは間違っても訂正されないため、読み取り間違いが起きればそのままそれがすぐウイルスの変異につながってしまいます。そのために、DNAウイルスよりもRNAウイルスのほうが、ウイルス変異を起こしやすいことが知られています。

ウイルスにとっての理想的な宿主集団

大規模に集団生活をし、集団間の行き来も活発なヒトの社会は、ウイルスたちにとっては増殖するのに格好の宿主です。 宿主の体の中で存分に増えたウイルスは、くしゃみや鼻水、痰などの飛沫に乗って、次の宿主のところに拡大し、更にそこでも増殖し続けます。

ウイルスたちの理想は、宿主がウイルスを拡散させながらもある程度元気であることです。宿主がへばって動けなくなれば、拡散しにくくなりますし、もっと言えば宿主が死んでしまっては宿主とともに死滅するしかありません。エボラウイルスのように、感染してすぐ発症し宿主を殺してしまうウイルスは、流行地域ではそれはそれは恐ろしいものですが、なかなか全世界には広がりません。 その観点で考えると、パンデミックを起こすウイルスは、長い目で見ればですが、それほど病原性が強くなく、潜伏期間もある程度長め、そして感染力はそこそこあるという性質をもつものだと考えられます。

新型ウイルスの行きつく先

ウイルスは自分の増えやすい方向にどんどん変化していき、増えにくくなるような遺伝子変異を持つウイルスは淘汰されていきます。 上述の理由から、 新型ウイルスは、その感染力を強めてどんどん広まって行けるように進化し、さらに、宿主を元気に保てるように病原性を弱くしていく方向に変わっていきます

こうして新型ウイルスも数年経てば他の風邪と変わらない状態に落ち着いていくのが通常です。大昔からこの営みは続けられてきたはずですが、飛行機など大陸間を簡単に移動することができるようになっている現代においては、感染拡大があまりにも急であり、強い病原性を持ったまま世界に広がってしまう危険性があります。また、どのようなウイルスでも初感染時は重症化する危険性が高まりますので、今回の新型ウイルスも、世界で一巡して大多数の人が抗体をもつくらいメジャーなウイルスになるまでには、流行がしばらく続くと思っていいでしょう。

肺炎といっても重症とは限らない

今回の新型ウイルス騒動も、死亡者が多数出ていることもあり、世界中でパニックを引き起こす様相です。しかし、そもそも発病していない保菌者もいることが分かっていますし、風邪症状で気づかれないまま完治している人も多数いることが容易に想像されます。また、肺炎といってもすべての人が重症というわけではなく、重症になりやすいのは主に60歳以上の高齢者、あるいは基礎疾患を持つ方だけです。特に子供に関しては、重症化率は1%以下(おそらくもっともっと低い)と考えられています。

巷ではマスクの買い占めなども起こっているようですが、 無駄な外出は避けたり、手洗い・うがいといった標準的な防護をしっかり行いつつ、 状況をしっかり見極め、 冷静に対応をすることが重要です。

関連記事;新型コロナウイルスについて分かっていること