子供の耳掃除は必要?不要?小児科医の意見

sponsor’s link

子供の耳掃除、していますか?「やらないでいい」という意見がある一方で、「病院に行ったら、耳垢が溜まっていると指摘された」「耳の聞こえが悪くならないか心配」などの声も聞かれます。

耳掃除は実際必要なのかどうか、小児科医と耳鼻科医の意見をご紹介します。

耳垢タイプ別、耳掃除のしかた

人間の耳垢は、さらさらの粉タイプと、ねっとりの粘土タイプの2つに分かれます。そして、耳掃除の仕方も、このタイプで少し変わります。

さらさらタイプ

基本的にさらさらタイプの場合は、大きな塊で耳垢が取れることは少なく、耳かきで少し耳垢をいじっただけでも粉々になって落ちていってさらに奥に入ってしまい、全部を取りだすことが難しくなってしまいます。さらに、外耳には毛も生えていて、この毛をひっぱったりすると、痛みがでてしまうので子供が嫌がってしまうことにつながります。

さらさらタイプの人は、耳垢を深追いせず、壊さないようにピンセットでつまみだすか、耳かきで出口に見えているものだけを取りだすので十分です。

耳の穴の中をみて、明らかに全部詰まっている場合や、固く固まってしまっている場合は、ピンセットで取りだすか、医療機関で取ってもらうほうが無難です。

固まった耳垢は、医療機関で「耳垢水」という点耳薬で溶かして吸い取ることができます。

ねばねばタイプの人

ねばねばタイプの人は、耳垢自体があまり溜まりません。溜まっても壁にくっついていたり壁と同化していて、耳の穴全体をふさぐまでには至らないことが多いです。ねばねばタイプの人は、綿棒で優しくふき取ってあげるとよいでしょう。綿棒を軽く濡らしてやると、痛みも和らぎ、効果的かもしれません。

耳掃除は必要なのか?

普段診療をしていて、耳まで診察することはあまりありませんが、乳幼児で発熱が続いたり、汚い鼻水が続いていたりすると、中耳炎の確認のために鼓膜を観察する必要があります。この際に、耳垢が溜まっていると、鼓膜が見えないので、処置が必要になります。

耳垢がすぐとれる場合はいいのですが、がっちり固まっていたりすると、「耳掃除をしてきてください」ということになります。小児科医は耳掃除が基本的に苦手なのです。

時折、耳の聞こえが悪いのは耳垢のせいか?と言われることもありますが、そういうときにもあまり耳垢が溜まっていることは少ないです。過去に1-2人だけ耳の穴が完全に詰まるほど耳垢が溜まっていた人がいますが、滅多にありません。

ですので、小児科医の立場から言わせてもらえれば、基本的に耳掃除は必要ありません。鼓膜が見えなければ、そのときにその医師が取ればいいだけのお話しなのです。

耳掃除をしないと中耳炎になる?

外来でもよく勘違いをされている方を見ますが、耳掃除をしないから中耳炎になるということはほとんどありません。(100%は言いきれませんが、99.9%ないといっていいでしょう)

中耳炎は、中耳と鼻腔をつないでいる「耳管」というものが、鼻づまりなどによって閉塞、鼻から細菌やウイルスを含んだ鼻汁が逆流して感染することによって起こります。もちろん、外耳のほうからも侵入路はありますが、耳掃除をしていてもしていなくても、細菌はある程度存在しています。耳垢の有無で細菌数にそれほど違いはありませんし、よっぽど汚い水がずっと外耳に入って鼓膜に接していれば感染の可能性はありますが、そんなこと自体が稀です。

耳垢は基本的にはただの「垢」なので、中耳炎の原因になることはありません。

耳掃除は小児科?耳鼻科?

ところが、先にも述べたように、小児科医は基本的に耳の処置は苦手です。耳の奥に入りこんでいる耳垢を取り除くためには、額帯鏡を使って適切な角度から光を当てながら、暴れる子どもを押さえつけ、耳垢を取るのは至難の業です。小児科医ではなかなかその訓練を受ける機会がなく、総合病院に勤務していると、ついつい耳鼻科に振ってしまい、上達の機会を逸してしまいます。

小児科医でも上手にできる人はいますが、全員が全員というわけではありません。それに、耳鼻科にあるような、吸引もできるような機械を備えている小児科はまず少ないです。

ですので、耳垢のスペシャリストは耳鼻科医です。

「耳垢除去希望」で受診もOK

耳垢除去は立派な医療行為で、保険点数も 小児科の点滴の保険点数が70点であることを考えると 100-180点と割と高いです。ですので、耳垢だけ取ってもらいに病院に行くなんて怒られそう・・・なんて思っている方がいたら、遠慮はいりません。

まとめ

というわけで、まとめますと、

・基本的に定期的な耳垢除去は医学的には必要ない

・やって悪いことはないので、子供が好きであればスキンシップとしてやってもらうのはいいことです。

・確実に除去したい場合は、耳鼻科受診を

というわけでした。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする