新しい便秘のお薬について

sponsor’s link

便秘に悩むお子さんは多いですが、今まで、小児科で処方するお薬の種類は限られており、その治療も限定的でした。2018年11月より、新しいお薬が発売されたので、その使用感などをご紹介します。

今までの便秘治療薬

既存の便秘治療薬として、小児科でよく使われていたのは、酸化マグネシウム(カマグ)などの緩下剤、あるいはラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)などの消化管運動亢進薬でした。(参照記事;子供の便秘治療について

2018年より新たに加わった便秘治療薬「モビコール」について、その作用や使用感について書いてみます。

新しい便秘治療薬「モビコール」

あたらしい便秘治療薬は持田製薬から開発されています。主成分はポリエチレングリコールといって、エチレン(C2H4)という化学式を持つ物質を、特殊な操作によってたくさんつなげたものです。

化学式は、化学を習ったことのある人なら分かる人もいるかと思いますが、C2H4の側鎖にOHを付けて、それを何個も重合させている、という意味です。

この物質、何がいいかというと、まずアレルギーを起こさないことが確認されており、安全です。お薬として重要なことですね。

そして、腸から吸収されず、水分を腸管内に引き寄せる役割を果たします。なので、作用としては、酸化マグネシウムと同じような働きをします。

もともと、大腸カメラをするときの前処置として使われる下剤で、昔から使われています。これを、慢性便秘の治療薬として開発したという経緯です。

モビコールの内服の方法

まず、コップ半分程度の水にお薬1包を溶かします。(添付文書にはコップ1/3程度、約60mlとあります)そして、それをそのまま内服するだけです。一応、お水となっていますが、ジュースや他の飲料でも構わないです。粉は白色で、溶けるとほぼ透明になります。ややとろっとした感じになるますが、味はあまりありません。

持田製薬のHPより

2歳以上の小児に適応があり、通常は1日1包から開始します。酸化マグネシウムなどを飲んでいても、その量に関わらずまずはこの初期量から始めるので、切り替えも簡単です。そして、効果が低いと思われる場合は、1日2回、1回2包の、1日4包まで増量することができます。また、効果が出過ぎる場合には、1包を水に溶かし、その半量を内服するなど、量の微調整がきくのも便利な点です。

実際の使用感

実際に処方してみて思ったことは、酸化マグネシウムなどで量の微調整を行っている患者さんも、こちらに切り替えると、みんなつるっと良い固さの便になる子供が多いです。こちらのお薬は、従来の緩下剤のように、量が多すぎて腹痛を起こしたり下痢になったりすることが少ないように思います。また、酸化マグネシウムなどは水に溶けにくく飲ませにくいですが、水に親和性があるので溶かしやすく飲みやすいです。

今までたくさんの種類のお薬を試してもなかなかコントロールが付かなかった便秘症の人も、効果が十分にみられると感じています。

 今のところ、大きな副作用もなく、みなさん満足しておられるように思いますが、まだ新しいお薬なので、2019年4月現在、14日分しか処方できないという処方制限があるのが唯一の難点でしょうか。

まだ処方量はそれほど多くないのですが、これから使っていきたいお薬だと感じています。

*持田製薬との利益相反はありません。

関連記事;月齢別 子供の頑固な便秘について


sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする