知っておきたい!子供のしもやけの対策

sponsor’s link

意外に多い子供のしもやけ

ゲレンデでスキーを楽しんで帰ってきたとき、冬場に公園から帰ってきたときだけでなく、寝室が冷え込んでいたときなど、ふと子供の手先を見ると、赤紫になっていることはありませんか?今回は子供のしもやけの対策についで書きます。

しもやけってなんでなるの?

「しもやけ」とは、一言でいえば、指先の血流障害 です。

寒さにさらされると、体温が冷えないように血管が収縮しますが、手足の指先などは血管が収縮してしまうと、十分な血流を得ることができなくなります。短時間であれば問題ありませんが、長時間になったり、血管収縮の度合いが強いと、先端の組織に十分な酸素等が供給されず、細胞が死んでしまいます(壊死)。

完全に壊死してしまって脱落してしまう危険性があるのが凍傷ですが、そこまで行かなくても、組織にダメージが残ってしまうのが、しもやけです。

一般的には、気温が5度以下となり、寒暖差が10度以上になるときに起こりやすいと言われています。

しもやけの診断は?

寒い場所に行ったあとなどに、指先の色が悪くなっていたり、全体的に赤く腫れていたりして、痛みやかゆみを伴う場合、しもやけの診断となります。ただし、先に書いた通り、寝室が冷え込んでいただけでも、小さな赤ちゃんの手先にダメージが出ることもあり、必ずしも外出後になるというわけでもありません。

また、指先だけでなく、足の裏や手の甲、手指足指の関節部文などに、赤い斑点として症状が現れる場合もあります。虫刺されや水虫などとは視診で区別できます。

また、鼻や耳たぶなど、血流が途絶えやすい部分にも出ることがあります。

環境ももちろんですが、遺伝性もあると言われ、親がしもやけになりやすい場合は、子供にも注意が必要です。

つらいしもやけの症状を改善するには?

しもやけは痛痒く不快なものです。しもやけは、起こさないように予防が一番大事と言われています。例えば、手袋をしたり、厚めの靴下を履いたり、耳あてやマスクも有効です。

一度起こってしまったら、治療としてはビタミンEの塗り薬が使われます。症状が強い場合や、広範囲にわたる場合、しもやけを繰り返す人の場合などには、ビタミンEの飲み薬も有効です。

温かいお湯であたためるのも有効ですが、急に熱いお湯につけるのは逆効果と言われており、ぬるま湯から徐々に慣らすのがいいと言われています。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする