麻疹と風疹ワクチンの接種世代のまとめ

sponsor’s link

麻疹風疹ワクチン接種世代のまとめ

予防接種の法律がいろいろ変わってきた中で、いわゆる空白の世代が問題になっています。

今回は、最近よく問題になっている麻疹と風疹のワクチンの接種について、自分の覚書として世代別にまとめました。

*MRワクチン→麻疹風疹混合ワクチン

*MMRワクチン→麻疹風疹おたふくかぜ混合ワクチン

風疹の世代別予防接種状況

1962(昭和37)年4月以前に生まれた方
・・・定期接種なし(1回も接種がない可能性が高い)

1962(昭和37)年4月2日~1979年4月1日生まれまで
・・・女性のみに接種(1回のみ、集団接種で接種率は高い)

1979(昭和54)年4月2日~1987年10月1日生まれまで
・・・中学生の時に男女ともに接種(接種率は低い)

1987(昭和62)年10月2日~1990年4月1日生まれまで
・・・ワクチン接種あり(1回のみ)

1990(平成2)年4月2日~1995年4月1日生まれまで
・・・就学前と高校生の2回接種あり

1995(平成7)年4月2日~2000年4月1日生まれまで
・・・1歳から7歳半までに1回、中学生で1回の計2回接種あり

2000(平成12)年4月2日生まれ以降
・・・1歳と6歳で2回接種あり

麻疹の世代別予防接種状況

・1977(昭和52)年4月1日生まれまで
・・・1回も接種していない可能性が高い世代

・1977(昭和52)年4月2日~1990(平成2)年4月1日に生まれた人
・・・1回しか接種していない世代

・1990(平成2)年4月2日~2000(平成12)年4月1日に生まれた人
・・・MRワクチン2回の接種が推奨された世代(ただし接種率低い)

・2000(平成12)年4月2日以降に生まれた人
・・・1歳台と就学前の1年とで2回の定期接種が推奨された世代(接種率高い)

風疹ワクチンと麻疹ワクチンの兼ね合い

・1979(昭和54)年4月2日~1987年10月1日に生まれた人
・・・男女中学生に風疹ワクチン+1~6歳でMMR*も推奨
(*MMR=麻疹風疹おたふくかぜ混合ワクチン)

・1987(昭和62)年10月2日~1990年4月1日に生まれた人
・・・1~7歳半までに風疹ワクチンあるいはMMRで代替も可

・1990年4月2日~1995年4月1日に生まれた人
・・・1~7歳半までに風疹ワクチン+特例対象で高校生でMRワクチン

・1995年4月2日~2000年4月1日に生まれた人
・・・1~7.5歳までに風疹ワクチン+中学1年生でMRワクチン

・2000年4月2日~2005年4月1日に生まれた人
・・・1~5歳で風疹ワクチン+就学前1年間でMRワクチン

・2005年4月2日以降に生まれた人
・・・1歳と就学前1年間でMRワクチン計2回

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする