子供の白血病について

sponsor’s link

子供の白血病について

白血病とは、血液のがんで、子供がかかるがんの中で最も多い割合を占めています。がんとは、細胞に起こる遺伝子変異などが原因となって、無差別に増殖してしまう病態です。血液の中の細胞(血球細胞)は赤血球、血小板、白血球の三種類が存在しますが、この中で白血球に変異が起こって異常増殖してしまう病態を白血病といいます。

血液のがん、白血病

白血病とはいっても、血液が白くなるわけではありません。

血液の中の白血球が増殖してしまうのが白血病です。白血球は通常、骨の中心部の骨髄という臓器で作られています。なので、白血病の初期には、まず骨髄の中が白血病細胞で満たされていきます。白血球は増えても、正常の働きはできないので、通常の白血球が担っている「外敵から体を守る」という免疫の働きは極端に弱まってしまいます。

同時に、赤血球や血小板など、他の血球を作る能力は抑制されてしまい、貧血によりめまいや息切れが起こったり、血小板減少による出血傾向が起こります。

骨髄の中が白血病細胞でいっぱいになると、次第に血流に乗る白血病細胞の割合が増えていきます。また、骨の中が腫れて痛みが出てきたり、骨がもろくなって病的骨折を起こしてしまうこともあります。

白血病の分類

白血球は白血球は生まれてからいろいろな作用が加わり、赤ちゃん白血球(前駆細胞)から大きく2系統に成熟していきます。1つめの系統が骨髄球系統、もう1つがリンパ球系統です。

骨髄球は、好中球、好酸球、好塩基球と呼ばれるもの、そして、リンパ球とは主にT細胞、B細胞を指します。

成熟する段階のどこで変異が起こったかで、増殖する細胞も変わり、白血病としての予後や症状、治療も少しずつ変わります。骨髄球ががん化した場合を骨髄性白血病、リンパ球ががん化した場合をリンパ性白血病と呼びます。

また、発症の仕方が急性(数週間単位)か、比較的慢性(数か月から数年単位)かによって、急性白血病か慢性白血病かにも分けられます。

つまり、白血病は大きくわけて、急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病の4つに分けられます。この中で、増殖しているがん細胞の成熟段階に応じて、例えば急性T細胞性白血病、慢性B細胞性白血病というように呼ばれることもあります。

白血病の治療

白血病は他の臓器のがんと違い、塊を作らないので、手術療法は行われません。治療の柱は化学療法になります。

また、小児の場合は特に、超強力な化学療法を行い、がん細胞と自分の細胞も一掃してしまってから、自己血あるいは骨髄ドナーからの同種の造血幹細胞移植を行うのが一般的です。遺伝子が合致せずドナーが見つからない場合は、副作用がより少ない臍帯血が用いられる場合もあります。

この超強力な化学療法によって、免疫をつかさどる細胞は排除されてしまうために、クリーンルームへの入室を余儀なくされます。

晴れて白血病細胞がいなくなり、骨髄移植が成功して、自分の血球細胞が作られるようになるまで、数か月かかります。白血病細胞がいなくなることを「寛解」といい、この超強力な化学療法を「寛解導入療法」と呼び、複数の抗がん剤を組み合わせた治療を行います。治療は白血病の型によって多少変わりますが、治療レジュメはだいたい決まっています。この寛解導入療法には、だいたい10か月程度かかるのが一般的です。この期間は基本的に入院治療となります。

その後、定期的に「維持療法」を行い、白血病細胞が再び出現してくるのを防止します。維持療法のレジュメも決まっています。維持療法は、寛解後数年続けます。

小児の白血病の特徴

小児の白血病の特徴として、ざっくりですが、急性リンパ性白血病(Acute Lymphocyte Leukemia; ALL)が多いということが挙げられます。そして、近年の医学の進歩により、小児のALLの治療成績は飛躍的に伸びており、型にもよりますが、8割から9割は治癒するまでに、予後が改善されてきています。

成人の白血病と比較して、子供の方がより強い化学療法にも耐えうること、副作用も出にくいことが、予後の改善をもたらしています。また、小児のALLにおいては、造血幹細胞移植をしなくても、化学療法の治療薬を組み合わせることによって、治癒が期待できます。

15歳から30歳までの世代でも、白血病になってしまう方がいますが、一応一般的な病気であれば成人の範疇に入るこの世代も、より強い治療を行ったほうが予後がいいことが分かっており、強力な化学療法を行う傾向にあります。

白血病の予後は?

予後とは、生存率や治癒率のことをいいます。先ほどもお示しした通り、小児のALLは8割から9割は治る時代になりました。この白血病の予後とは、発見が早かったか遅かったかというよりも、白血病の型に大きく左右されます。

また、治療に抗がん剤を多数使うことで、体にダメージが蓄積され、二次がんを引き起こしてしまったり、精巣や卵巣など化学療法への感受性がいい臓器への影響(=不妊につながる)も心配されています。

白血病の治療は日進月歩です。日々新たな治験やレジュメも更新され、分子標的薬も開発されています。今後、より効果的かつ副作用の少ない、画期的な治療法が見つかるといいですね。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする