液体ミルクについて

sponsor’s link

液体ミルクとはどんなもの?

海外では普通に普及している液体ミルクですが、日本ではまだ発売されていません。2019年春くらいから、グリコより発売が開始されることが決まっています。

まだ馴染みの少ない液体ミルクの利点や利用方法などについての記事です。

液体ミルクの使い方

常温で6か月保存が可能な、紙パックに入ったミルクです。粉ミルクと決定的に違うのは、もちろんお湯で調乳しなくてもいいこと。なので、開封後すぐに飲むことができます。災害時などにも重宝され、熊本大地震でも、フィンランドから救援物資として届いて話題になりましたね。

現在も、楽天などで海外からの輸入代行品を購入することは可能です。

by カエレバ

すぐに飲めるし、温めたりする必要も基本的にはありません。

使い方は至って簡単。そのまま飲むだけ。あっためたり、薄めたり、手を加える必要はありません。哺乳瓶を使っている子は哺乳瓶に移し替えて、マグやストローが使える子はその方法で、飲ませてあげればいいだけです。衛生的には、開封したら使い切ることが必要です。

また、開発段階の試作品では、ボトルに移し替える必要があったのですが、使い捨ての哺乳瓶を並行して販売することも検討しているようです。

どんなときに使う?

グリコから発売されるのは、おそらく1パック200mlのものになるとのこと。お値段はまだ未公開ですが、おそらく粉ミルクよりは割高になります。作るのは簡単だけど、200mlもいっぺんに飲めない新生児や、早期乳児期は普段使いするにはもったいないでしょう。

考えられる利用法としては、外出時。お湯を持っていかなくてよくなるだけ、ママの負担も減ります。パッと飲ませて、残ってしまうときには流して破棄するだけで、ゴミ箱に捨てられます。災害時、停電時、避難時、また旅行時も同様です。

(大阪の箕面市では、災害用に液体ミルクの備蓄が決定されたというニュースも先日ありました。)

それから、母親が病気のとき。内服薬によっては一時的に授乳を控える必要もありますが、体がしんどいときに、普段し慣れない調乳を行うのもつらいものです。そんなときにも、液体ミルクの簡便さは重宝すると思われます。

また、普段調乳しなれないパパさんやじじばばさんに預ける際にも、手順を説明しなくても簡単にお願いすることができそうですね。

今後の課題

今現在発売が決まっているのは、あくまで普通用の液体ミルクのみです。これはもちろん牛乳アレルギーがあるお子さんには使用できません。今後は、アレルギー用の液体ミルクが開発されるといいなぁと思っています。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする