お魚のアレルギーについて

sponsor’s link

魚類アレルギーについて

様々な食物にアレルギー反応が出る人がいますが、今回は魚類のアレルギーについてのお話しです。

魚類のアレルギーの特徴

魚類に含まれるアレルギー物質は、ほとんどの魚で共通していることが知られています。

よく、身や皮の色によってお魚を分類することがありますが、アレルギーに関しては、あまり意味がありません。例えば、鯛でアレルギー症状がでる人は、シャケやサバなど他のお魚でも症状が出やすいです。逆にサバでアレルギー症状が出た場合でも、アジやサンマなどは問題なく食べられる場合もあります。

食用魚に含まれるアレルゲン物質は、ある程度共通して存在しますが、その個々の種によって含まれる量も違います。たとえ、一種類の魚で症状が出たとしても、過去の摂取歴などから、現状で食べられるものはそのまま継続して食べ続けること、そして新しい種類の魚を摂取するときには、十分な注意が必要です。

「偽のアレルギー反応」に注意!

サバやアジなど、鮮度が低下すると魚肉中にヒスタミンが作られ、ヒスタミンを摂取することで、食物アレルギー同様のかゆみ、じんましんなどの症状をもたらす種類があります。これは食物不耐症といい、偽のアレルギー反応ですので、区別して考える必要があります。

アレルギーの疑いがある子供さんはもちろん、アレルギーがなくても、鮮度のいいものを与えるに越したことはありません。

また、最近よく話題に上っていますが、サケなどにつく「アニサキス」という寄生虫がいますが、アニサキス自体によるアレルギー反応が起こることがあります。

しらすなどは、小さなエビやカニをエサとしており、時折おなかの中に未消化のエサが残っていることがあります。重度の甲殻類アレルギーがあれば、しらすを摂取したときにアレルギー反応がでる場合もあります。

魚卵と鶏卵について

魚卵と鶏卵で、アレルゲン物質は全く異なります。鶏卵アレルギーは頻度が高いですが、鶏卵の除去指導をされる際に、誤って魚卵も除去指導される場合があります。魚卵とは、多くはたらこ、いくら、子持ちししゃもなどです。

つまり、卵アレルギーがあっても、魚卵は全く別物を考えて、除去の必要はありません。ただし、いくらは生食するということもあり、1歳台のアナフィラキシーを起こす代表的な食材ですので、個別に注意が必要です。

かつおだし、いりこだしなどについて

魚のアレルギーがあっても、出汁は使える場合が多く、除去の必要はほとんどありません

ただし、最近流行している高級だしなどは、魚肉も一定量はいっているものもあり、多量に摂取するとアレルギー症状を起こす危険性はないとはいえないため、注意が必要です。

魚を多く摂取する日本人には、魚のアレルギー発症率が高いと言われていますので、怪しいと思った場合には、医師に相談してください。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする