アナフィラキシーの症状について

sponsor’s link

アナフィラキシーの診断・治療について

アナフィラキシーってなに?どのような症状に気を付けたらいい?ということをまとめてみました。

アナフィラキシーの症状

アナフィラキシーとは、アレルギーが体内に入ることで、全身の強いアレルギー症状がでる病態です。そして、アナフィラキシーの中でも、循環に影響が及ぼされ、血圧低下や、それに伴う意識レベルの低下が起こった場合を、「アナフィラキシーショック」と呼びます。

診断基準を示します。

ちょっと分かりづらいですが、じんましんや全身紅潮などの皮膚症状、あるいは結膜充血や口唇腫脹などの粘膜症状があり、なおかつ呼吸困難や血圧低下、繰り返す嘔吐など、複数臓器に渡る症状がある場合を言います。

じんましんを伴えば診断は比較的容易なのですが、厄介なことに、じんましんを伴わず急激な血圧低下で発症するアナフィラキシーもあるので注意が必要です。

また、症状は個人によって異なり、さらに個人でも、毎回症状が同じとは限りません。これが診断を難しくしている原因でもあります。

アナフィラキシーの臓器別症状

アナフィラキシーの症状は臓器別に考えると分かりやすいです。多臓器に渡り症状がでるため、2つ以上の臓器項目で当てはまるものがあれば、アナフィラキシーと診断します。

皮膚・粘膜症状

紅潮、じんましん、かゆみ、むくみ、発赤、結膜充血、唇や口腔内の腫脹

呼吸器症状

鼻閉、鼻汁、くしゃみ、喉の違和感(かゆみ、いがいが、声が出にくい、息が吸いにくい)、呼吸困難(ゼイゼイ、止まらない咳、胸が締め付けられる感じ)

消化器症状

腹痛、吐き気、嘔吐、下痢

循環器(心血管系)症状

胸痛、動悸、不整脈、血圧低下、失神、ショック、心停止

個人で気にしておくべき症状は?

アナフィラキシーは、誰にでも起こりうる病態です。今まで摂取したことのないものを摂取して、多くは数分以内、長くても2-3時間以内に、じんましんが出てきて、なんとなく全身がだるくなってくるときには注意が必要です。呼吸困難感にも注意が必要ですが、特に喉頭が腫れる「喉頭浮腫」という状態は、すぐに窒息→心停止に至ることもありますので、喉の違和感や息の吸いにくさがある場合には、早めの病院受診、必要に応じて救急要請が必要です。

また、普段はあまり症状がなくても、もともと体調が悪かったり、問題となる食物を摂取したあとすぐに運動をしたり、入浴をする場合にも、症状がきつく出る可能性があり、注意が必要です。

アナフィラキシーの原因

アナフィラキシーの原因として最も多いものは、食物です。特に乳幼児の場合は、統計上は鶏卵が最も多い原因食材となっています(28%)。その次に乳製品23%、小麦18%と続きます。そば、ピーナッツはいずれも10%以下ですが、少量でも強い症状が出やすいことで知られています。

食物の次に多いのが、昆虫の毒によるアナフィラキシーで、多くはハチによるものです。日本人の10%近くがハチ毒に過敏症があるとも言われています。

そして、その次に多いのが医薬品によるアナフィラキシーです。

正しい症状を知り、必要時には迅速に病院を受診するようにこころがけてください。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする