乳児のレーザー治療について

sponsor’s link

赤ちゃんのアザに悩んでいませんか?

小児科では、日々の診療の中で、よく体のアザについて質問されることもあります。今回は、アザの治療について考えてみました。

赤ちゃんのアザの種類

アザにも色調や形態から、いろいろな種類があります。子供のアザの特徴は、著しい成長に伴って、アザが広がり、大きくなってしまうことです。また、ものによっては、手術が必要になったり、あとからガンになってしまうリスクのあるアザもあります。

どんなアザがあるのか見ていきましょう。

赤いアザ

赤ワインのような色をしているアザのことで、皮内や皮下の血管の色が見えています。血管が増殖していたり、拡張していたりすることによって発症します。

単純性血管腫

比較的ぺたっとしたアザです。皮膚の毛細血管が拡張していることが原因です。

イチゴ状血管腫

文字どおりイチゴのように膨れています。これは生後から1歳くらいにかけて急激に大きくなる、良性の腫瘍です。自然に小さくなることが多いですが、盛り上がったりして跡が残ることもあります。

海綿状血管腫

イチゴ状血管腫と似ている、少し隆起する血管腫ですが、イチゴ状がきれいな赤であるのに対し、赤紫に近いです。静脈の奇形によるもので、自然にはよくなりません。

青いアザ

皮膚の比較的深いところでメラニン色素が増殖してできるアザです。

蒙古斑

アジア系民族(モンゴロイド)に多い、仙骨部に発生する先天性の母斑です。先天性といっても病的ではありません。通常は薄くなっていきますが、「異所性蒙古斑」といって、手足や体にできるものは、特に濃いものでは消退しにくいことが知られています。

太田母斑

眼の周りや頬など、側頭部に多い比較的濃い青アザです。女性に多いことで知られています。思春期から濃くなってくる場合もあります。

茶色のアザ

皮膚の浅いところでメラニン色素が増殖してできるアザです。

扁平母斑

いわゆる、「シミ」のように見えるものです。この扁平母斑、大きいものが多発すると、神経線維腫という遺伝子の異常を伴う病気の可能性もあるため注意が必要です。

黒いアザ

母斑細胞性母斑

いわゆる「ホクロ」です。小さいものは特に問題になりませんが、大きいものや毛を伴ったりするものは、場所によっては美容上問題となります。昔は手術で取るしかありませんでしたが、近年はレーザー治療も行われるようになってきました。

黄色いアザ

脂腺母斑

赤ちゃんの頭の中に、比較的黄色っぽいブツブツとした隆起がある丸いアザがあることがあります。これは脂腺母斑といって、皮膚の腫瘍です。しばらくは放っておいても、少しはげているくらいですが、思春期になるまでにガン化する可能性があるため、大きくなってきたら切除する必要があります。

レーザー治療とは

レーザー治療では、いろいろな光の波長をアザに当てることで、正常な細胞には影響なく、問題となる細胞にだけ影響を与え、その後正常に修復されることで治療効果が出ます。

何歳から治療ができる?治療期間は?

レーザー治療自体にはあまり痛みを伴いません。じっとしていることが必要ですが、赤ちゃんの場合は少し体を押さえてあげることで簡単に治療できる場合がほとんどです。

月齢の制限はあまりありませんが、首が座る3か月頃以降だと安心です。

また、治療期間はさまざまで、1~数回の照射でほとんど消えてしまう場合もあれば、年に数回ずつ、数年かかる場合もあります。また、ものによっては再発する場合もあります。

小児科医はレーザー治療についてあまり知らない!

いちご状血管腫などは、乳児健診などでもよく相談されるもののひとつですが、小児科医は治療に直接携わらないので、「1歳くらいまでには小さくなることも多いし、様子見ていいですよ」と言われることが多いかと思います。小児科の教科書にはそう書いてあります。でも、皮膚科の先生から言わせれば、早い段階で治療を数回するだけでよくなることもあるので、治療をするにせよしないにせよ、一度診察を受けて判断するのがいいという意見が多いです。

レーザー治療とひとくちに言っても、アザの濃さや深さによって、照射する波長や時間を細かく設定する必要があり、専門的な知識が必要です。気になるときに、小児科医だけの意見を信用せず、まずは皮膚の専門病院に相談し、治療の必要性、時期などを検討するのが一番だと思います。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする