気象病について

sponsor’s link

気象病ってなんでしょうか

低気圧が近づいているとき、雨のとき、台風が来るとき、体調が悪くなる方は大勢います。このように、気象条件によって、症状が悪化するものを「気象病」と呼んでいます。(正式な医学用語ではありません)気象病にはどのようなものがあるのでしょうか?小児科医が解説します。

気象病の症状

気象病が発症する原因は、自律神経のバランスが崩れるからだと説明されています。

台風や低気圧が近づくと喘息がでる

気圧が急激に下がるとき、明らかに喘息の発作が急増します。いつもは大丈夫でも、そのときに風邪を引いていたり、激しい運動をしたり、煙やホコリを吸うなどの刺激が加わると、さらに症状が悪化することがあります。

お天気が悪い日には頭痛がする

こちらも、外来でよくある訴えのひとつです。お天気が回復すれば自然に治りますが、ひどいときには頭痛薬で紛らわすしかありません。

湿気の多い日には昔の古傷が痛む

骨折や捻挫のあとなどは、完治しているように見えても、湿気の多い日には痛みがでることがあります。痛みを感じるのは脳なので、自律神経が失調すると、痛みを感じやすくなると考えられています。

お天気が悪いと気分が沈む

お日様が隠れてしまうと、なんとなく気分も上がりませんが、もっと重大なことにうつ病や不安神経症が悪化してしまう人もいます。

気象病を軽減するためには

お天気の変化に反応してしまうのは、ある程度体質的なものがあると思われます。ただし、疲れていたり、生活リズムが崩れていたりすると、症状が悪化する傾向にあります。

まずは、一日3食しっかり食べて、睡眠をよくとって、生活リズムを整えましょう。

また、気圧や湿気を感知するのは、耳の中の内耳と呼ばれる器官であると言われています。この内耳が敏感な人は、気象病になりやすいです。乗り物酔いがひどい人は気象病も悪化しやすいので、注意しましょう。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする