【小児科医監修】加湿器と加湿器病について

sponsor’s link

加湿器病について

いよいよ涼しくなって湿気も少なくなってきました。暖房が必要になっている地域もあるかと思います。暖房をすると室内の空気が乾燥してしまい、ウイルスなどが繁殖しやすくなるため、適度な加湿を行うことが理想的です。

ただし、加湿器は正しく使わないと、病気のもとになるので注意が必要です。

加湿器病とは

加湿器によっては、メンテナンスをきちんとしていないと、内部に雑菌が繁殖し、そのまま加湿器として使用するときに雑菌をまき散らしてしまうことがあります。カビなど生体に有害なアレルゲンとなる物質を長期に渡って吸いこみ続けると、「過敏性肺臓炎」というアレルギー疾患になることがあります。加湿器が原因となって起こる過敏性肺臓炎を加湿器病と呼んでいます。

また、循環式の温泉などでも問題になるレジオネラ菌は、温かく湿った場所を好み、免疫力が正常である子供から大人まで幅広く感染し、時に肺炎を起こしたりすることが知られています。

加湿器の種類について

加湿器もいろいろな種類があります。種類によって、病原体が増えにくく工夫されているものもあります。

超音波式

音も少なく、省エネの加湿器で、アロマ用などもこれのことが多いです。おしゃれで安価なものがたくさん出回っています。ただし、除菌機能が弱く、内部でカビや雑菌が繁殖しやすくなっています。また、室内へ飛散する粒子が大きいため、たくさんの病原体が粒子にのって飛び散ってしまいます。

by カエレバ

スチーム式

熱した水蒸気を出すタイプです。熱により除菌されますが、熱い蒸気がでるため、やけどなどの恐れがあります。

by カエレバ

ヒ―タレスファン式

濡れた膜に強い風をあてて水の粒子を飛ばします。しっかりメンテナンスしていなければ雑菌が増殖してしまうことがあります。

ハイブリッド式

スチーム式とヒ―タレスファン式を合わせたようなもので、部分的にヒーターを使って温風で加湿したり、ヒーターを切る方式に切り替えたりを自動で行います。一般的にはヒーターを使うので雑菌が繁殖しにくくなっています。

by カエレバ

加湿器病を予防するための対策

超音波式の加湿器がよく出回っていますが、一番加湿器病の危険性も高くなります。一般的には水を入れる部分を1日1回きれいに洗浄することが推奨されていますが、実際にはなかなか実現できません。

加湿器内に入れる除菌剤も市販されています。

by カエレバ

ただし、細菌は除菌機能を搭載した超音波式の加湿器も登場しており、これからも様々な商品がでてきそうな雰囲気です。

by カエレバ

by カエレバ

そもそも加湿器は有効なのか?

インフルエンザなどの冬季に流行するウイルスは、乾燥状態を好み、活性化することが分かっています。また、人間の喉には常にIgAと呼ばれる免疫物質が分泌され病気を予防する効果がありますが、乾燥しているとこのバリア機構が崩れやすくなってしまいます

よく、飛行機などに乗ったあと、喉がイガイガしてそのまま風邪をひくことはありませんか?口をあけて寝ていて喉が痛くなりそのまま風邪を引くことはありませんか?密閉状態なおかつ乾燥した機内でウイルスが活性化して増殖し、さらに咽頭の乾燥によりバリア機能が破られて感染を起こしてしまっていると考えられます。

乾燥を好むウイルスは湿度50%以上を保つと活性が落ちると言われていますので、適度な湿度を保つことは重要だと考えられます。

ただし、それだけに頼るのではなく、まずは手洗いうがいを徹底してくださいね!

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする