子供のけがの対応。

sponsor’s link

子供のケガの処置について

傷口を乾かさない、湿潤療法

かつては、子供のちょっとした傷にはヨードチンキを塗り、パウダーをはたいて乾燥させて治す、というのが処置の基本でした。擦り傷などからは、滲出液(しんしゅつえき)という黄色っぽい液がしみだしてくるので、その部分にガーゼをあててなるべく乾燥させる、といった具合でした。

ところが、最近はこれとまったく逆の処置がなされるようになりました。

実は浸出液には、細胞を活性化させ傷の治りをよくしながら、なおかつ傷口を清潔に保つ成分が含まれていることが分かってきました。浸出液を拭い去るのではなく、なるべく傷の部位に保つことで、傷をきれいに早く治すことができる、というのが今の考え方です。

湿潤療法のやり方

擦り傷など、皮膚の表面がある程度広範囲に剥げてしまった場合は、傷の痛みも強く、また治りも悪いことが多いです。そしてそのときに傷口から浸出液がたくさん染み出てきます。

要は、この浸出液をしっかり閉じ込めつつ、雑菌を排除することが目的になります。

簡便なのは、市販のハイドロコロイド含有のパッドを利用することです。

by カエレバ

傷口に貼ると、浸出液がしみだしたところが白くぶよぶよに変わってきますが、周りが赤くなったり、痛みがない間は貼りっぱなしにします。また液の量が増えてパッド外に漏れてくるようなら、貼りなおしが必要になります。

ただしその前にしっかり洗浄することがなにより大切!

こうしたパッドを貼るのはいいのですが、その前に必ずしなければいけないことがあります。それは、傷口の洗浄です。この洗浄ができていなければ、傷口にパッドを貼ることで、雑菌も一緒に閉じ込めてしまい、恰好の繁殖の場となってしまい危険です。

洗浄につかうのは、水道水で十分です。

洗浄といっても、流水で洗い流すだけでは、周囲の雑菌は取れません。強めのシャワーをあて、容赦なくゴシゴシと分以上しっかり洗いましょう。また、外でのケガであれば、傷口に泥などが入りこんでいる場合もあり、その場合は歯ブラシなどを用いて徹底的にあらう必要があります。この洗う作業がなにより大切ですが、保護者にとって、泣き叫ぶ子どもを押さえつけて無理やり洗うのはかなり苦痛が伴うと思います。なので、傷が汚れている、でもこれは洗えない、洗えている自信がないと思ったならば、病院を受診するほうがいいと思います。

止血もしっかりとすること

ゴシゴシあらうと、一旦止まりかけていた出血がまた起こることがよくあります。かさぶたをはがすくらいの勢いでしっかり洗う必要があるからです。出血があると、パッドを貼ってもすぐにいっぱいになってしまうので、しっかり圧迫して止血しましょう。

なかなか止まりにくくても、正常な止血機能が備わっていれば、30分押さえて止まらない出血はほとんどありません。

しっかり止血できれば、傷より少し大きめのパッドを貼ってやりましょう。

感染兆候がないか、毎日傷口を確認

パッドを貼って貼りっぱなしが一番よくありません。湿潤療法では、感染が一番の大敵なので、①浸出液がいきなり増量していないか(黄色く濁っていないか)、②傷口の痛みがひどくなっていないか、③まわりの皮膚が赤くなったり腫れていないかどうか、毎日確認が必要です。

上記の①~③のうち、一つでもあてはまる兆候があれば、すぐにパッドをはがして傷の状態を確認する必要があります。この場合は、病院を受診してください。

一般的な傷はどれくらいで治る?

擦り傷程度であれば、2-3日で上皮化します。

水ぶくれができるような比較的深いやけどでも7日~10日程度で治ります。

ただし、傷が深ければ深いほど、ケロイドのように傷跡を残したり、肉芽といって皮下組織が盛り上がってくるため、治りにくくなります。

また、感染兆候がない場合、貼りっぱなしにする場合には、日常生活ではがれてしまわないように、防水フィルムを貼っておくといいです。これを貼っておけば、ちょっとした水遊びやお風呂も大丈夫です。

by カエレバ

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする