子供の喘息のまとめ

sponsor’s link

子供の喘息に関する記事まとめ

サイト内の子供の喘息に関する記事をまとめました。

喘息の診断について

診察時に明らかなゼイゼイがなくても、軽症の喘息であれば、夜中だけゼイゼイしていて、朝には元気になっていることもあります。隠れ喘息は見逃されやすいですが、繰り返すうちに強い発作を起こすこともあるので注意です。

診察に行くときにはいつも大丈夫だと言われるけど本当に大丈夫?そんなときに、おうちでの喘息の確認方法を教えます。

診察で喘息と言われてしまった!これからどうしたらいい?そんなときにはここを読んでみてください。

喘息の治療について

喘息の診断がついた場合、いかに発作をおこさないようにコントロールするのかが重要になります。喘息治療のガイドラインに沿って解説いたします。

喘息の予防治療には吸入治療が必要な場合があります。子供は大人と違って吸入治療にも特別な機会や道具が必要な場合があります。どのような基準で機械を選ぶべきか、お勧めの機種やデバイスをご紹介しています。

家庭でできるそのほかの対策について

喘息がある子供さんは、タバコの煙やハウスダストにも反応して発作を起こす子が多いです。掃除の仕方、おすすめ寝具などをご紹介しています。

喘息治療の目標は、最低限の薬を使って発作を起こさないようにして、スポーツなどを含めた日常生活をストレスなく過ごせるようにすることです。適度な運動も不可欠ですが、いきなりマラソンなどはおすすめできません。水泳などは喘息発作を起こしにくく、適度に呼吸機能をアップさせることができて効果的と言われています。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする