盲腸の治療について

sponsor’s link

子供の盲腸(虫垂炎)の治療について

子供の虫垂炎の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。

外科的治療と抗菌薬による保存的治療の比較

虫垂炎は、虫垂が何等かの理由で閉塞して流れが滞ってしまったために、細菌感染を起こした状態です。

虫垂炎と診断された場合、「外科的に切除」してしまうことも多くありますが、「抗生剤による保存的治療」される場合もあります。

子供の虫垂炎の場合は、すぐに進行して腹膜炎まで進展してしまう(穿孔といいます)ため、見つけたらなるべく早く手術するというのが一般的でした。ところが、まだ「穿孔していない」虫垂炎に関しては、すぐに手術しなくてもいいのではないか、という考え方もあります。

欧米では、穿孔していない虫垂炎に対して、手術を行ったグループと、抗菌薬投与で「散らした」グループとのランダム化比較試験が行われました。結果は、手術したグループも抗菌薬投与をしたグループも治療の成果に差がありませんでした。ただし、抗菌薬治療後の約20%に再発がみられました。(外科的治療後は当たり前ですが再発率は0%です)

日本での研究によれば、抗菌薬治療後の再発率は約30%で、再発リスクは18歳以下、来院時の白血球高値(13500/μL以上)、CT画像上虫垂の径が9mm以上の腫大や虫垂周囲の炎症波及などであったと報告されています。

待機的手術という選択

上記に示したように、初診時に虫垂の腫れがそこまでひどくなく、周りに広がってもいないような軽症の症例では、抗菌薬での保存的治療も有効ということが分かってきました。ただし、20-30%の確率で再燃があることを考えると、ビクビクして過ごすのもやはり嫌なものです。

そこで、一旦抗菌薬治療で炎症を落ち着かせて、3か月後くらいに予定手術として、虫垂切除を行う、という新しい治療法が出てきました。

この治療の利点としては、おなかの炎症が収まっているときに手術するので、癒着などのリスクが少ない、腹腔鏡でできる可能性が高い、本人や家族の準備(心の準備も含めて)や時期の希望にもある程度考慮ができる、入院期間を短縮できる、といったことが考えられます。

ただし、待機的にしよう、と抗菌薬治療で粘っているうちに、穿孔を起こしてしまったり、待機的手術を待っている間に再燃してしまったりというリスクもあるため、しっかりとリスクと評価して、無駄のない選択をする必要があります。

最終的には医師の判断と保護者の意見が合致することが重要です。大切なお子さんの病状に関して、すべての情報を開示してもらい、冷静な判断をする必要があります。

関連記事;盲腸かも?心配な子供の腹痛

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする