ヘルパンギーナの流行

sponsor’s link

ヘルパンギーナが大流行しています

yahooニュースにもあがっていましたが、この夏、ヘルパンギーナが大流行しています。

ヘルパンギーナってなに?

ヘルパンギーナとは、主に夏場に流行する、ウイルス性の咽頭炎の一種です。一般的には高熱になり、熱とほぼ同時に喉の痛みを訴え、喉をみると、粘膜の発赤があり、一部アフタのように白くなる部分が見られるときもあります。原因のウイルスは、エンテロウイルス属のコクサッキ―ウイルスAというウイルスがほとんどと言われています。

年齢分布は5歳以下が90%を占め、主に保育園などで大流行します。

ヘルパンギーナを起こすコクサッキ―ウイルスにも数種類の型があり、1シーズンに数回かかることもありえます。

診断方法と症状は?

コクサッキ―ウイルスに対する迅速診断はありません。しっかりウイルスを検出するためには、咽頭ぬぐい液や便などからウイルスを抽出するPCR法という方法をとらなければいけませんが、一般病院では行われていません。よって、高熱と特徴的な咽頭の発疹(アフタ)で診断されます。咽頭のアフタは、口蓋垂(のどちんこ)の周辺に存在することが多く、家庭でも子供がしっかり咽頭を見せてくれれば、観察することができます。この咽頭のアフタは発熱よりも少し遅れてでてくる場合が多く、発熱初期に病院にかかると、診断できないこともあります。

熱は高熱になることが多く、40℃くらいになることもしばしばです。低年齢では、熱性けいれんの原因にもなりえます。だいたいは、2-3日で解熱することが多いです。

他の病気との区別は?

ヘルパンギーナのように咽頭にアフタができる病気はいくつかあります。

同時期に流行りやすいのは、やはり夏風邪の一種である手足口病です。手足口病も同じエンテロウイルス属が原因であることも多く、症状がよく似ています。ただし、手足口病のほうは、名前の通り、手のひらや足の裏などを中心とした四肢にも発疹ができます。典型的には水疱が多いですが、1mm程度の細かな赤い発疹がでることもあります。

また、同じく口のなかの発疹がメインの病気として、ヘルペス性歯肉口内炎という病気もあります。こちらは、咽頭というより頬粘膜や歯茎、舌など、口の中のあらゆるところに口内炎が多発します。かなり痛みも激しく高熱がでることもあります。口の中から悪臭がする場合もあります。

プール熱は、アデノウイルスによる咽頭炎、結膜炎ですが、結膜炎症状がよわい場合は、見分けがつきにくい場合もあります。プール熱は一般にアフタはできない印象です。プール熱について

ヘルパンギーナの治療は?

ウイルス性疾患であり、残念ながら治療法はありません。ほとんどの場合、咽頭痛があるものの、まったく食事を受け付けなくて点滴をしなければならないというような重症の病態になることはありません。

ただし、喉にアフタがある場合、3-4日は痛みますし食事量が減ることが多いです。トマトや柑橘系などは染みるので避けたほうが無難です。また、唐揚げなど硬くてちくちくするものも無理です。

熱が高い場合には坐薬や解熱剤を使用しますが、熱が下がっていても痛みがつよい場合は解熱剤を鎮痛薬として使用することも可能です。

咳や鼻水はあまり出ないことが多いので、一般的な風邪薬は必要ありません。

発熱のある子供さんの喉をみて、写真のような典型的なアフタがあれば、診断は間違いありませんので、わざわざ病院を受診する必要はありません。自宅に解熱鎮痛剤があれば、それで様子をみるので十分です。

もしも、意識がもうろうとしている、水分までまったく摂れない、などの症状があれば、急いで病院を受診しましょう。

家族にうつる?

感染者の唾液や便などにウイルスが含まれます。大流行することからわかるように、感染力は強いほうです。発病しているときが一番感染力が強いですが、治ってからも1か月ほど排菌しているので注意です。

家族内ではタオルやお箸、コップなどの共用はさけ、手洗いうがいを励行し、お風呂も別々に入りましょう。家族内で一週間発病がなければ、まず大丈夫だと思います。

ヘルパンギーナは子供に主に多いとされている病気ですが、大人がかかることもあります。ときにはごはんば食べられないほど強い症状がでることもあるので、十分注意してください。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする