薬剤耐性菌って何ですか?

sponsor’s link

薬剤耐性菌とは

最近、よく聞かれる「耐性菌」という言葉。「耐性菌」とは一体なんでしょうか?

「耐性菌」が怖いから抗生剤の使用を控えなきゃいけないみたいだけど、どういうこと?という、素朴な疑問に答えます。

抗生剤の歴史

抗生剤の発見から実用化まで

生物の進化の中で、細菌はその宿主に強く働きかけ、ときにはその命を奪ってしまうことはよくあることでした。人類の歴史の中でも、ペストやチフス、スペイン風邪などの感染症が流行し、多くの命を奪いました。かつて人々は病に怯え、自分で治る力を信じることしかできませんでした。

そんな中、1928年にフレミングという人が、青カビの中に含まれる細菌増殖を抑える物質を発見したことで感染症に対する治療が飛躍的に進歩しました。フレミングはこの物質を「ペニシリン」と名付け、この物質の使用により、細菌の感染症の多くが治療可能となりました。そして、ペニシリンは次第に多くの医療現場で頻繁に使用されるようになりました。

細菌の反撃

細菌のほうもやられっぱなしではありませんでした。何度も何度もペニシリンにやられながら、そのうちにたまたま遺伝的な変異で、このペニシリンで死なない細菌が出現しました。ペニシリンに対する「耐性」の獲得です。抗生剤が使われる頻度が増すと、次第にもともとの菌から「耐性」をもつ細菌に置き換わっていきました。

生物には常に何らかの遺伝子変異が起こっていますが、細菌は生き延びるために、自分の特性を生かしたり、新たな特技を獲得したりして、抗生剤に対応できるように変化してきました。

例えば、薬を分解できる技を身に着けたり、お薬が入ってきづらくなるように構造が変化したり、お薬を体の外に排出する機構を発達させたり、抗生剤そのものが効かない体に作り替えたり、バリアを作ってお薬をよせつけなくしたり、などです。このような特殊技能を「耐性を持つ」といいます。そして、この「耐性を持った」細菌が「耐性菌」と呼ばれます。

耐性菌が増えるとなぜマズイ?

こうした耐性菌は必ずしも病気を引き起こすわけではなく、人間は細菌とうまくバランスを保ちつつ共存しています。一つの種類の細菌が増えすぎないように、細菌同士もせめぎ合っています。ところが、抗生剤投与などでそのバランスが崩してしまうと、その抗生剤に打ち勝つ能力を持っている細菌だけが増殖してしまい、病原性を持ってしまうことがあります。一見、抗生剤はいろいろな菌に効けば効くほど効果がありそうですが、絨毯爆撃のようにバランスを保つために必要な細菌もすべて壊してしまい、耐性を持つ特殊な菌だけが増えてしまうと、いざ病原性を持って治療を行うときに、非常に難渋することになります

耐性菌といっても、お薬の量や投与方法をしっかりすれば、まだまだお薬が効く場合も多いです。しかし、例えば5日間飲むべき抗菌薬をよくなったから2日でやめてしまった、という具合に抗生剤が中途半端に効いた状態になると、残った菌がまた違う方法で薬に打ち勝つ方法を獲得し、耐性がさらに厳しくなる可能性もあるのです。

耐性菌による脅威

現在、多種多様な耐性菌の報告があります。どれもすべて医療現場において深刻な問題となっています。その一部を紹介します。

MRSA

今やMRSAはかなりメジャーな耐性菌の一つです。MRSAとは、「メチシリン耐性ブドウ球菌」の略語で、メチシリンとは薬の成分ですが、メチシリンだけでなく様々な種類の抗生剤に耐性を持っています。昔は院内感染の代表格でしたが、MRSAは今やどこにでもいます。普段これらの患者さんと触れ合う機会の多い医療従事者の皮膚や鼻腔の常在菌にも、MRSAが多いことも知られています。普段はそれほど病原性を発揮するわけではありませんが、免疫力の弱った高齢者や、化学療法などの治療中の患者さん、手術後の患者さん、そして早産児などの感染症に大きく関わり、実際に治療に苦戦することが多いです。ときに通常の免疫力をもった人にも感染します。アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚にもよくMRSAがいて、通常の治療では効かないこともしばしばあります。治療は特殊なお薬を使いますが、それでもなかなか効かないことが多く、治療が難しいです。

偽膜性腸炎

内服の抗生剤を乱用していると、ときに腸内にクロストリジウムという種類の細菌が増えすぎてしまい、「偽膜性腸炎」を起こします。クロストリジウムは「偽膜」というものを形成し、抗生剤を届きにくくさせる作戦です。これに有効なお薬は少ししかありません。偽膜性腸炎は今やありふれた耐性菌感染症です。

PRSP

PRSPはペニシリン耐性肺炎球菌の略語です。子どもの難治性中耳炎や肺炎の原因になります。これもかなりありふれた耐性菌です。保育園児などで早期から集団生活を行う場合はこの保菌率が高いと言われています。まさに、小さい子どもが抗生剤乱用の被害を被っています。

耐性菌を増やさないためには?

乱用される「強い」抗生剤

「カルバペネム系」や「キノロン系」と呼ばれる抗菌薬は、現時点ではほとんどどんな細菌にも有効であり、細菌に対しての「最後の砦」です。髄膜炎や菌血症などの重症感染症で治療適応がありますが、よく効くお薬であるため、「原因がよくわからないけど重症」の感染症で乱用される傾向にありました。しかも日本ではこのカルバペネム系の内服薬(オラペネム)やキノロン系の内服薬(オゼックス)が特に乱用されています。しかも子どもに。

こうした「強い」というか「広く効く」抗生剤は、いとも簡単に人間と細菌との共生バランスを崩してしまうため、なるべく使用を控えるべきです。抗生剤投与の功罪風邪と抗生剤について再考するにも書いたとおりです。これらのお薬の使用は厳重に管理されるべきだし、そもそも外来で使えるレベルのものではなく、本当に使わなければいけないとすれば、命に関わるような重大な感染症のときだけです。まともな医者はオラペネムやオゼックスは処方しないはずです。

そして、ついにこのカルバペネム系のお薬にも耐性のある細菌が出現し、世界的な広がりを見せており、大問題になっています。このお薬に対する耐性菌が蔓延してしまうと、本当に治療の手立てがありません。

原因と将来を見据えた治療を

当たり前のことではあるのですが、医師が、目の前の患者の感染臓器や熱源とその原因となる微生物をしっかり見極め、適切な治療をすることです。「とりあえず心配だから」「あとで文句言われても困るから」という安易な投薬が、今のこの状況を生み出しています。そして患者さんのほうも「お薬を投与されること」に慣れすぎています(小児科救急外来とお薬依存症)。なぜそのお薬が選択されたのか、それは最善の選択なのか、将来子どもたちの世代にとんでもない細菌との戦いを強いることがないように、医師と患者ができる限り知恵をしぼらないと、細菌たちの反撃に勝てなくなってしまう日が来てしまうかもしれません。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする