喘息発作を繰り返さない!喘息の予防的治療について

sponsor’s link

乳幼児の喘息の予防的治療について

喘息発作は予防が重要

喘息は、風邪などの感染症や、ダニ・ハウスダスト・花粉などのアレルゲン、そしてたばこなどの刺激がきっかけになり、気道がむくんで狭くなり、痰などの分泌が増えることで起こります。

乳幼児では、感染症をおこすたびにゼイゼイしてしまい、「喘息性気管支炎」の診断になることもしばしばあります。

子供の喘息治療は「発作が起きてから治療する」のではなく、「発作が起こらないようにコントロールする」ことが目標です。気道の炎症は、燃え盛ってしまった後は完全には治らないことが分かっており、発作を繰り返していれば少しずつダメージをうけて固くなっていきますリモデリングといいます)。そして、焼け野原になってしまった気道は、ほんの少しの刺激でも喘息発作を起こしてしまうような状態になってしまいます。

そのため、喘息発作を起こす頻度が高い子どもは、発作の回数を一回でも減らせるように、対策を練る必要があります。

診断が難しい「かくれ喘息」

咳止めテープの効果は?でもご紹介しましたが、夜間は発作がでていても、朝にはある程度収まっている場合があります。喘息発作は自分でもおさめることができる場合もあります。その場合は、朝になって病院を受診しても、聴診ではキャッチできません。そのため、通常の風邪薬のみの処方となり、喘息が見逃される場合があります。そのまま収まってしまえば問題ありませんが、また夜になって咳がでる、という場合は注意が必要です。

「いつも明け方に咳込んでいる」という保護者からの情報が、喘息の診断に結びつくことも多くあります。かくれ喘息の見つけ方はこちら

予防的治療にはどんなものがある?

喘息を予防するための治療薬を長期管理薬「コントローラー」と呼びます。

コントローラーには、内服薬と吸入薬の2種類があります。

内服薬(ロイコトリエン拮抗薬)

プランルカスト・シングレア・キプレス・オノンといったお薬です。オノン以外は一日1回のみの服用です。これらのお薬は、ロイコトリエンという、気道の炎症に関わる体内物質の働きを抑えることで、喘息の予防効果を発揮します。鼻炎にも使われるお薬です。

乳幼児では、時間的にも手間的にも、次にご紹介する吸入療法の敷居が高く困難である場合が多く、この内服薬が第一選択になります。また、学童以上でも、発作が軽症であれば、定期的な内服で喘息を予防できる場合が多いです。

喘息発作の予防のためには、少なくとも2週間程度内服を継続する必要があります。発作がでたからといって単回内服しても、効果はあまりでません。

1年を通じて発作がでる子どもは毎日飲む必要がありますが、例えば春先や秋口だけしんどくなる、というお子さんの場合は、その時期だけ数か月間飲む、という方法もあります

吸入薬(ステロイド薬)

気道の炎症を抑えるという意味では、このステロイド剤に勝るものはありません。気道に直接届き、炎症やむくみを起こしにくくする作用があります。キュバール、フルタイド、パルミコート、オルベスコなどのお薬です。

ステロイド薬といえば、副作用を気にする方も多いと思いますが、吸入製剤なので全身的な副作用はほとんどありません。吸入時に口の中に残って虫歯になったりするので、吸入後のうがいだけ必要になります。

上記の内服薬でコントロール不良の場合は、吸入ステロイドでの治療が必須です。

また、よく混同されるのが、β刺激薬といわれるメプチンなどの吸入薬です。これらはあくまで「発作時に気道を無理やり広げるお薬」ですので、発作が起こったときにしか効きません。あと、吸入ステロイドも発作時に単回使ったからといって、すぐ効果がでるものでもありません。やはり、長期管理薬は、内服剤同様、数週間使ってはじめて予防効果を発揮します。

アドエア、シムビコートなどのお薬は、吸入ステロイド+β刺激薬の合剤です。

ドライパウダー製剤とエアゾール製剤

吸入ステロイドにはドライパウダー製剤(フルタイドなど)と、エアゾール製剤(キュバール、オルベスコ)がありますが、どちらも適切に吸えば効果は変わりません。ただ、子供に投与する、という面だけで考えると、エアゾール製剤のほうが、粉粉しなくてむせにくいのと、後述するデバイスを利用することができるのでおすすめです。

小さい子に吸入させるには?

この吸入薬ですが、イメージとしては、よく映画などで喘息だと思われる子が「シュ!」として口から吸いこんでいる、アレです。あの吸入方法ができるようになるのは、最低でも小学生以上です。先にも書きましたが、乳幼児は薬の噴射と呼吸のタイミングが合わせられないため、通常の方法では難しいです。ではどうすればいいのでしょうか?

次記事で、乳幼児に喘息コントローラーとしての吸入をさせるデバイスをご紹介します。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする