「咳止めテープ」の効果は?

sponsor’s link

咳のお薬について

「咳止めテープもらえますか?」

外来ではよく上記のように言うお母さんがいます。小児科で処方するテープ型の製剤はホクナリンテープとかツロブテロールテープとかいう名前です。成分はどちらも同じです。

このテープ、風邪のときに処方されることが多いので、咳止めの効果があると思っているお母さんも多いですが、実は少し違います。

咳の原因によって治療薬が変わる

別記事(咳止めを処方する場合に医者が考えていること)にも書きましたが、子供の咳の原因はいくつかあります。

大抵の子どもさんの咳の原因は、鼻水の垂れこみによる「後鼻漏」あるいは、上気道炎の感染そのものが引き起こしています。

ホクナリンやツロブテロールテープは、「気管支拡張薬」といって、気管支を形成する筋肉を緩めて、気管支の内腔を広げる作用を期待して作られています。つまり、気管支の筋肉が収縮していない(つまり気管支の内腔が狭まっていない)状態では、効果が得られません。風邪のたびに咳止めテープを処方されるけど、効いたためしがない、という方は、喘息病態がないので効かないのです。

気管支の筋肉が収縮している状態、それは喘息です。

テープ剤が効く場合、喘息性の咳である可能性が高い

喘息で気管支の筋肉が収縮すると、気管支全体がぎゅっと狭まってしまいます。喘息ではさらに、内腔の粘膜部分が腫れていますし、痰の分泌も増えてさらに狭まっている状態ですので、この筋肉を緩めてあげると、いくらか呼吸はしやすくなり、咳も軽減されます。

喘息の場合は一般の咳止めは痰の排出を抑制するため禁忌で、このテープ剤や、同じく気管支拡張作用のある内服薬を使用します。

喘息は夜間に悪化しやすいですが、軽症であれば朝には少し改善していたりします。夜や明け方に咳が多いけど、起きてしまえば案外ケロリとしている、という子は、診察時にも喘息の兆候はありません。ただ、咳の時間帯などの情報から、喘息を疑う場合は、テープ剤を試しに使ってみて、咳が軽減するようなら喘息であろうと推測することはできます。これを「診断的治療」といいます。

単なる風邪にテープ貼ってもいいの?

テープ剤は簡便であるため、お母さんたちにも喜ばれますし、風邪の場合でも処方されている場合が多いです。安全なお薬の部類ですが、副作用もあります。

交感神経を刺激するため、手足の震えを起こしたり、心臓に作用して動悸がしたりすることがあります。また、低K血症を引き起こすことがあり、不整脈や脱力を起こすことがあります。

さらに、皮膚の弱い子では、テープかぶれを起こす頻度がけっこう高いです。

診断的治療を行う場合も、使う際のメリットとデメリットを天秤にかけて、できるなら副作用のこともちゃんと説明して処方するべきですが、実際は風邪にも安易に処方されている現状があり、注意が必要です。

喘息に効くとはいっても

喘息に有効というテープ製剤ですが、あくまでその場しのぎの対症療法であり、炎症を起こした気管支を鎮火させる作用はありません。喘息は予防が大切な病態です。喘息発作をおこすたびに気管支は少しずつ線維化を起こし固くなっていきます。風邪のたびにゼイゼイする、というお子さんは、予防治療も含めて一度かかりつけ医にご相談をおすすめします。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする