【小児科医の本音】小児科と耳鼻科の使い分け

sponsor’s link

小児科と耳鼻科、どっちを受診したらいいの?

たまに外来でも、上記のことを聞かれます。小児科でもある程度は耳鼻科疾患に対応できますし、耳鼻科も子供を診る機会が多いので、多少のことは対応できると思います。なので、一般的には、どっちに行っても、ある程度の対応はしてもらえると思います。

では、実際の使い分けはどうするのが最善なのでしょうか?小児科医の立場からお答えします。

風邪の場合は小児科がいい

はっきり申し上げますと、鼻水、咳、咽頭痛などの、いわゆる風邪症状がある場合は小児科に来てください!

といいますのも、上記の症状で耳鼻科を受診すると、かなりの確率で抗菌薬が処方されます。

それが、中等度以上の中耳炎だったり、溶連菌だったりと、根拠があればいいのですが、大抵のお母さんにきくと、「喉が赤いから」「風邪だから」という説明で処方されたというのです。

風邪はほとんどウイルス性のものなので、抗菌薬は無効、どころか、有害でさえあります。(有害であるという記事はこちら 抗生剤投与の功罪抗生剤とアレルギー

耳鼻科医も小児科医もこのことは重々承知です。ところが、風邪という診断に自信がない場合、「もしも細菌感染だったらいけないので念のため入れとこう」という心理状態で、抗菌薬を処方してしまいがちです。これは一部の耳鼻科の先生であって、そうでない先生もたくさんいらっしゃいます。そして一部の耳鼻科の先生のように風邪に抗菌薬を出しまくる小児科医もいるのですが、傾向としては、耳鼻科のほうが抗菌薬を出される割合が圧倒的に多いです。(地域にもよります)

ちなみに、知り合いの耳鼻科医に何人か聞きましたが、子供はあんまり得意ではない、という人が多いです。大人と違って暴れますし、泣いてしまうと正確な鼓膜の評価もできません。それならばなおさら、風邪などの感染症の場合は、小児科のほうが圧倒的に得意なので、こちらで見させてほしいです。そのうえで、必要なら耳鼻科の先生に診察をお願いします。

ではどんなときには直接耳鼻科を受診するのがいいの?

耳垂れを起こしているような、いわゆる重症の中耳炎の場合は、耳鼻科のほうがいいです。また、中耳炎を繰り返してチューブを入れる、などの処置は、耳鼻科でしかできません。

あと、鼻の中を覗いて、アレルギー性鼻炎の診断をしたりするのは耳鼻科のほうが得意です。春先は鬼のように混んでいますが。

さらに、声が枯れていたり、嚥下が気になったりする場合も、耳鼻科の範疇です。

そして扁桃腺・アデノイドの問題も、耳鼻科の先生の判断を仰ぐことになります。手術の相談も然りです。

耳そうじも耳鼻科へ

基本的には、耳垢は自分で排出する機能が備わっているので、無理して掃除する必要はありません。ただし、中耳炎などを疑ったとき、耳垢がたっぷり詰まっていると、鼓膜が観察できないときがあります。

ピンセットなどで耳垢を取る小児科医もいますが、耳鼻科の機械のほうが見やすく、取りやすい場合が多いです。また、粘着質の耳垢掃除は、小児科医はお手上げです。耳鼻科では「耳垢水」という、耳垢を溶かす点耳薬を入れて耳垢を柔らかくしてから、吸引するのでかなりきれいになります。

「耳垢ごときで耳鼻科に行っていいの」と思うママもいらっしゃるかと思いますが、実は耳鼻科医にしてみたら、「熱です」と受診されるより、「耳垢とってください」と言われる方が、目的もはっきりしているし、診断もしなくていい上に満足度も高いので、逆に喜ばれます。しかも、実は保険点数はけっこう高いので、さらにオイシイのです。(小児科でちっちゃい子を押さえつけて細い血管に点滴を入れるという、大変なことの2倍以上の点数がもらえちゃいます。不公平ですよね。。。)

鼻水吸引などは小児科でもOK!

小児科でも鼻水を吸引してあげることはできます。近年は、家庭用のものもたくさん販売されており、性能もあがっていますので、頻繁に鼻水を吸う必要がある子供さんのために、一家に一台あってもよいかと思います!参考記事;鼻水吸引器のススメ

もし迷ったら、参考にしてくださいね。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする