赤ちゃんの血液型検査

sponsor’s link

赤ちゃんの血液型検査は自費でできる?

赤ちゃんは1歳くらいまで血液型を測ってもわからないことが多いというのは比較的よく知られています。

病院でも、他の検査の際に、「せっかく血を取るなら一緒に血液型検査を!」と言われることも多いです。希望があれば自費での検査になります。厳密に言えば、保険適応のある検査と自費検査は一緒にすることができず(混合診療と言われ、違法です)、本来ならば全額自費診療になるところを、監査に見逃してもらっているのが現状です。(自費であろうが、保険であろうが、病院に入ってくる収入はほとんど変わらないし、ましてや医師の給料にはなんも変化もないのですが。。)

血液型検査の方法

血液型を調べるには、厳密には2種類の検査を組み合わせます。

赤血球の表面についているA、B、AB、Oという4種類の抗原を調べる方法(オモテ試験)

もう一つは、抗A、抗B、抗ABという3種類の抗体を調べる方法(ウラ試験)

同じ人間で、Aの抗原を持っている人は、抗Aという抗体は持っていません。(持っていたら自分の赤血球が攻撃され破壊されます)

なので、

A抗原をもちつつ、抗B抗体をもっていて、はじめてA型と確定します。

Bも同様に、B抗原をもちつつ、抗A抗体が確認されて、はじめてB型と確定します。

O型の人は、A抗原もB抗原もなく、抗A抗体と抗B抗体をもっています

AB型の人は、A抗原とB抗原をもっていて、抗A抗体も抗B抗体もありません

オモテ試験もウラ試験も、血液の固まり具合で判定しますが、固まっているのかどうか見た目がなかなか微妙なときもあるので、双方の試験の結果が一致してはじめて確定となるのです。

赤ちゃんの場合は大人とどうちがうの?

生まれた赤ちゃんは赤血球抗原自体も未熟で不安定で、大人の1/3ほどの抗原性しかないと言われているため、オモテ試験の信頼性が薄いです。さらに、ウラ試験に関しては、6か月くらいまでは母親の抗体も持っているので、検査自体が不確実です。

1歳未満の赤ちゃんのオモテ・ウラ試験の一致率は50%程度と言われ、信頼性に乏しいため、赤ちゃんの場合はオモテ試験のみで血液型を“仮”判定するのです。

緊急時はどうするの?

ちなみに、緊急で輸血が必要になった場合は、きちんとオモテ・ウラ試験を実施し、そのときの抗体の量や強さに応じて、安全な血液製剤を確保します。実際に投与する前にも、投与する製剤と本人の血液を直接反応させるので、ある程度安全に投与することができるのです。

子供の血液型検査をするときは少なくとも、1歳を超えてからにしましょう。できれば4歳以降がいいと言われています。そして、検査の方法や容器が違う場合があるので、必ず採血の前に希望を伝えてください。

血液型を知らないでいるデメリットは、血液型占いができないこと、くらいでしょうか。血液型占いもかなりまゆつばものですが。この子はA型かな、それともABかな、と想像を膨らませておくのも楽しいものですよ。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする