熱中症にご注意ください。

sponsor’s link

熱中症にご注意ください!

だんだん暑い季節になってきました。
小児科では、6月あたりから、熱中症を心配した子供の受診が増えます。真夏日だけではなく、梅雨の晴れ間など、急に温度があがるときに、まだ暑さに順応できていない場合、熱中症を発症することがあります。

熱中症について

熱中症とは、体温の上昇に伴う症状の総称で、

1.熱失神
2.熱疲労
3.熱けいれん
4.熱射病

の4つに分かれます。

1.熱失神・・・体温が上昇すると、それを下げようとして、全身の血管が体の表面で拡張します。それにより一時的に脳に血流がいきにくくなるために、クラクラめまいがしたり、失神してしまったりします。
2.熱疲労・・・体温を下げようと、たくさん汗をかいて脱水状態となり、だるさ、頭痛、嘔吐などの症状がでます。
3.熱けいれん・・・汗と一緒に塩分が体から失われると、塩分のバランスが崩れて、手足がつったり、ピクピクけいれんしたりします。意識ははっきりしています。全身性のけいれんである、「熱性けいれん」とは違います。
4.熱射病・・・2からさらに悪化すると、脱水により体温が調節できなくなります。汗もかくことができません。体温が42℃以上に上昇してしまうと、体を構成するタンパク質の変性がはじまってしまいます。肝臓や腎臓の働きがおち、体の血液を止める機能などが崩れます。脳にも影響がでます。大変危険な状態です。こうなると、体を急速に冷却しなければならず、冷水につけたり、体に大量の冷却した点滴を流すなどの集中治療が必要です。

熱中症対策

熱中症対策の基本は、こまめの水分補給(経口補水液)!!

大抵の患者さんは、2.熱疲労の状態です。病院では、点滴をして、水分と塩分・糖分を補いますが、こまめに適切な水分補給をすることで、点滴と同じ効果が得られます。体を冷やすのも効果的ですが、冷えピタなどはあまり意味がありません。アイスノンなどを軽くタオルで巻いて、首の後ろ、わきの下、鼡径部(すべて大血管の通り道)を冷やしてあげましょう。

特に、4歳くらいまでは、体温がもともと高い上に、汗腺が発達しきっていないので、熱中症の発症リスクが高いと言われます。一般的には、35℃以上の真夏日で搬送が増えるというデータがありますが、30度以上でも、小さい子にとっては負担ですので、こまめに水分を摂らせてあげましょう。このとき補給するのは、お茶だけでなく、塩分と糖分を含んだもののほうがいいです。OS-1アクアライトなどの経口補水液が望ましいです。前述のように、汗と一緒に塩分が体外に出てしまうからです。

【送料無料!!】大塚製薬オーエスワン(OS-1) 500mlX24本

価格:3,980円
(2018/5/29 15:46時点)
感想(340件)

和光堂 ベビーのじかん アクアライトりんご[3ヶ月頃~](500mL*24本セット)【ベビーのじかん】【送料無料】

価格:2,825円
(2018/5/29 15:47時点)
感想(56件)

小さい子の場合は粉末タイプが便利ですね。

和光堂 wakodo 飲みたいぶんだけ 粉末アクアライト

価格:204円
(2018/5/29 15:47時点)
感想(0件)

部活でも、この頃は減りましたが、水分補給時間が限定されていたり、お水やお茶でしか補給できない場合は、熱中症を発症する危険があります。少し前とは気候が変わってきており、指導者の勉強不足で、リスクが上がっている場合も見受けられます。また、プールや水遊びでも、水の中にいるからといって、熱中症にならないわけではありません。

また、たとえごく短時間であっても、暑い車内に子供を放置するのは、本当に、本当に!!やめでくださいね!



sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする