赤ちゃんが嘔吐した!そのときどうする?

sponsor’s link

赤ちゃんは嘔吐することが多い

生まれたばかりの赤ちゃんは、個人差はあるものの、よく嘔吐することで知られます。
でも、嘔吐ばっかりしていると心配になりますよね。
今回は、赤ちゃんの嘔吐のうち、様子を見ていいものと、受診が必要な場合と、まとめてみました。

おうちで様子をみていいと思われるケース

溢乳ならば頻回でも基本的には心配いらない。

赤ちゃんの胃の形はとっくりのようになっており、食道から胃の入り口(噴門)の締まりが緩いので、すぐ胃の中のものが逆流してしまいます。

加えて、赤ちゃんはまだ満腹中枢が発達していないので、「おなかいっぱい!」と感じることができず、与えられれば与えられるだけ、胃の容量を超えてミルクを飲んでしまうことが多いです。そして、容量オーバーになった胃から、タラタラとミルクを吐きだすのが、「溢乳」です。

この「溢乳」は、普通は口の端からタラリと垂らすくらいですが、多いときや、ゲップがうまくでなかったときには、ゲップとともに俗にいう「マーライオン」のように、ガバッと吐きだすこともあります。これはこれで問題があるときもあるのですが、「溢乳」は生理的なものであり、機嫌がよくて体重がしっかり増えていれば心配いりません。飲みすぎた量を出して、調節しているものと思ってください。毎回溢乳があるようであれば、1回のミルクの量を少し減らしてみる、母乳ならすこし早めに切り上げてみる、その分多少頻回にする、など調節してあげましょう。

体重はどれくらいふえていたらいい?

体重増加の目安は、生まれて1か月程度なら、1日あたり20g以上を目安にしてください。その後も、成長曲線に沿って増えているなら、大抵問題ありません。そして、3-4か月あたりで胃のキャパも増えて、ゲップも上手になってくるので嘔吐は減ってくるはすです。

 ゲップとともに大量に吐く場合は、毎回きちんとげっぷをさせてみて。
体重増加不良があれば、受診のサイン。

【のし/あす楽/送料無料】4カラーから選べる★ベビースケール【5g単位】べびすけくんFLAT 薄型 べびすけくんフラット 5g デジタルベビースケール 出産祝い 赤ちゃん用デジタル体重計 赤ちゃん 体重計 プレゼント ギフト 授乳量チェック べびすけ君 ペット用 5歳までOK

価格:4,580円
(2018/5/29 16:00時点)
感想(266件)

受診が必要だと考えられるケース

頻度、色、嘔吐の仕方に注意

急に立て続けに嘔吐する、普段と違って水っぽい便を伴っていたり、熱があったり、機嫌が悪かったり、という症状がある場合は、胃腸炎の可能性があります。このような症状がある場合は、小児科に相談しましょう。

吐物が黄色っぽかったり、赤かったり黒かったりする場合も受診が必要です。黄色い場合は胆汁性嘔吐といって、腸のどこかが詰まって流れにくくなっていたりする可能性がありますし、赤い場合は出血している可能性があるからです。

その他に、心配な嘔吐は、「噴水状嘔吐」です。
噴水状嘔吐をするのは、胃から腸へ流れ出す出口(幽門といいます)が分厚くなって狭くなる病気、「肥厚性幽門狭窄症」という病気です。

噴水状嘔吐ってどんなもの?

本当の噴水状嘔吐は、上を向いた状態で口から水鉄砲のようにピューっと、場合によっては何十センチも噴き上げるような嘔吐です。胃からの出口が狭くなっているために、胃自体が水鉄砲のような働きをして、ミルクを噴き上げてしまいます。

なかなかない病態ですが、もしもこんなことがあったら、早めに受診してくださいね。



sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする