ヒトメタニューモウイルスってなに?

sponsor’s link

ここのところ、じんわり流行っています。ヒトメタニューモウイルス。聞いたことありますか?


ヒトメタニューモウイルスってなに?

このウイルス、ずーーっと昔からきっと存在はしていたと思われますが、
実は2001年にはじめて発見、分離された新しいウイルスで、主に風邪症状を引き起こします。風邪症状を引き起こすウイルスは山ほどいますが(インフルエンザウイルスもその一つですよね)、なんと、子どもの風邪のうち10-20%くらいを占めるとも言われています。

ヒトメタニューモウイルス感染症の症状は?

主な症状は、咳、鼻水、発熱です。乳幼児などでは、場合によって喘鳴(ゼイゼイ)で、春先からの季節に流行します。

なかなか他の有象無象の風邪ウイルスとの鑑別は難しいのですが、39-40℃くらいの高熱が3-4日くらい長めに続く、なんだか痰がからむようなゴロゴロとした酷い咳をする、ゼイゼイしている、という子で、よく陽性になります。肺炎にもなります。軽いものは、検査せずに済むので見逃していると思われます。

よく、乳幼児で重症化する、RSウイルスとうものと、症状はよく似ていますが、ヒトメタニューモウイルスのほうが、発熱期間が長い傾向があります。

大人がかかっても、通常の風邪とほとんど見分けがつきませんが、小さい子で重症化することがあり、注意です。

検査と治療は?

2012年から検査が保険適応になったので、比較的気軽に検査できるようになって、診断もつきやすくなりました。ただし、残念ながら特効薬がありませんので、通常の対症療法が基本になります。陽性になれば、病気の進行と、これからの経過がある程度予測できて安心できるかもしれませんね。

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする