【小児科医イチオシ!】鼻水吸引器のススメ

sponsor’s link

小児科医のお勧めする鼻水吸引器

子どもの咳を軽くするコツで、鼻水が咳に大きく関与していること、そして改善するためには鼻水の処理が大事だということを書きました。

鼻水止めのお薬は逆効果

この鼻水、体が防御機構として出しているものなので、なかなかピタっと止めるのが難しいです。いわゆる「鼻水止め」のお薬は、鼻水の粘り気を増幅させて垂れてこないようにするものなので、鼻水が流れ出てこなくなって、鼻づまりをひどくさせてしまいます。

なので、出てくる鼻水を取り除いてやるのがいいのですが、よく薬局で売っている鼻水吸引器でママが吸引するとなると、肺がつぶれそうになりますし、まず100%風邪がうつります。そして暴れる我が子を固定して、鼻に突っ込んで吸引圧をかけて・・・というのはなかなか一人ではできません。

by カエレバ

電動吸引器がおすすめ

以前はとてもお高くて、なかなか手が出なかったのですが、最近はハンディタイプでかなりお求め安くなっております。

おすすめの機種について。使用頻度と目的で選びましょう!

ハンディタイプ

私が使っているのはコレです。

by カエレバ

ちっちゃいのに、それなりに吸引圧がかかるし、ピタっと鼻腔にフィットさせるコツさえつかめば、ズゴゴゴッと取れてすっきりします。コツは角度で、鼻腔って意外に上向きでなく、口腔内と平行に存在しているので、地面に直角に近いイメージで吸うとしっかりとれます。そして、いろいろな方向に向けて角度を変えて吸ってあげましょう。

しっかりと、鼻の奥まで突っ込んで、ノズルと鼻の孔の隙間があかないようにして、いろいろ角度を変えてやるのがいいです。しっかり押さえつけ、鼻の奥まで入れて、憎い鼻汁を容赦なく吸ってやりましょう!

うちの1歳の息子は、楽になるのが分かったのか、慣れると自ら鼻に突っ込んでいました(笑) 旅行にも持っていけちゃいます。

病院で使っているノヅルはこういうやつです。オリーブ管はやっぱりよく吸えます。

by カエレバ

ただ、やっぱり粘度の高い緑っ鼻はなかなかこのコンパクトな鼻水吸引器では引けません。

外来でも、「買ったけど、やっぱり病院のほうがよく吸えるわ~。」とおっしゃっていた方もおられました。

その場合は、据え置き型をオススメします。

据え置き型
by カエレバ

これは吸引力において病院のものとほとんど遜色ないです。

こちら小児科学会のブースにも出ていました。実際に使わせてもらいましたが使いやすかったです。吸引圧が変えられるのがいいですね。

by カエレバ

据え置き型の吸引力は強いですが、その分お値段はするのと、洗ったりするメンテナンスの手間はこちらの据え置き型のほうが多いです。

なので、どのように使いたいのかで選択肢が変わってくるのかと思います
お子さんが中耳炎を繰り返すような体質で、頻繁に鼻水吸引が必要であれば据え置き型のものをおすすめしますし、そこまで鼻や耳が悪くない方は手軽なハンディタイプでもじゅうぶんな気がします。

鼻を有効にかめるようになるまでには少なくとも2,3年はかかります 。兄弟さんが多いご家庭、2人目、3人目を考えていらっしゃるご家庭には、多少お値段張っても、必ず役に立ちますので、ぜひおすすめいたします。

こちらも参考にどうぞ。風邪に負けない体をつくる! 乳幼児の中耳炎の診断と治療

sponsor’s link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする